1. HOME
  2. お悩み・症状
  3. SKIN
  4. 2_ しわ・たるみ
  5. プチ整形「ヒアルロン酸注射」でキレイになる

SKIN

お肌に関するお悩み

2_ しわ・たるみ

プチ整形「ヒアルロン酸注射」でキレイになる

ヒアルロン酸注射

「キレイになりたい」、でも手術までは怖いし、仕事や学校の都合もあるから実際に手術までは踏み込めない。そんな方にお勧めするのがヒアルロン酸注射によるプチ整形です。注射による治療なのでダウンタイムや傷跡の心配もなくどなたでも気軽に受けて頂けるのが大きな特徴です。

ヒアルロン酸注射とは


ゲル状のお薬(ヒアルロン酸製剤)を肌や筋肉の下などに直接注射してボリュームを出すことで形を変えたり、法令線などを薄くして見た目の若返りを叶える美容皮膚科的な治療を言います。

ヒアルロン酸注射でできること

ヒアルロン酸注射でできること。それはボリュームを足すことで形を変えたり、シワやたるみなど凹みや影になっている部分の真下にヒアルロン酸を注射することで老けた印象を改善させることができます。

(ヒアルロン酸注射でできること)
  • 鼻を高くする
  • 法令線を消す・薄くする
  • 顎を出す・形を整える
  • 頬をふっくらさせる
  • シワ・たるみを解消する
  • 唇を厚くする
  • おでこを丸くする
  • 頬骨の高さを変える
  • 涙袋を作る
  • 目の下のクマを解消する
  • 胸を大きくする など

私たちのヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射は多くの美容外科、美容皮膚科で行われている治療の一つ。私たちのクリニックでは、

デザインを重視した注入
何より安全性を考慮した薬剤の選定
痛みに対する取り組み

にこだわってヒアルロン酸注射をおこなっています。デザインを重視するというのは、しっかりとカウンセリングで、なりたい仕上がりイメージを医師と共有することで、必要最小限のヒアルロン酸製剤の量でより高い効果、満足度を得るようにしています。

安全性に関しては、2つの意味・考え方があります。一つは使用するヒアルロン酸製剤の安全性、もう一つはそれと扱う医師の技術と経験です。当院では厚生労働省が承認しているアラガン(ジュビダーム)、ガルデルマ(レスチレン)のヒアルロン酸製剤だけを使用しています。もう一つはそれを扱う医師の経験と技術です。注射だけなので簡単と思われがちですが、そんな安易なものではありません。眉間や鼻、ほうれい線というのは血管を詰まらせてしまうと皮膚の壊死などのトラブルを引き起こす可能性があり、十分な解剖学的な知識が必要です。私たちは多くの外科手術を手掛けこれまで多くの経験を持っていますし、何よりこれまで20年以上の実績があります。

治療の流れ

ヒアルロン酸注射の治療の流れは以下の通りです。

(1)診察・カウンセリング

ヒアルロン酸注射でまずはじめに行うのが専門医による診察・カウンセリングです。お悩みの内容、お肌の状態等を診させていただき、ヒアルロン酸注射が適しているのか、注意事項やリスクなどについて詳しくご案内します。
治療を受けるか否かはご自身の判断です。当日にヒアルロン酸注射まで希望されればそのように対応しますし、お話だけということでも問題ありません。

(2)麻酔クリーム/テープ

注入部位等を確認し、ヒアルロン酸を注射する場所に麻酔のクリームもしくはテープを貼って部分的な表面麻酔を行います。麻酔のお時間は概ね30、40程度とお考え下さい。

(3)ヒアルロン酸注射

麻酔クリームの効果が現れたところでいよいよヒアルロン酸を注射していきます。注射のお時間は数分です。使用する針は極細針(30G〜34G)のものを使用します。
鈍針といって針先に丸みのあるものが絶対に良いという風潮があるようですが、それは違います。ヒアルロン酸注射で気をつけなければいけないのは、血管を傷つけないことだけではなく、注入しすぎなどによって生じる血流障害も非常に危険なのです。私たちは通常の針と鈍針を使い分けて適切なヒアルロン酸注射をおこなっています。

(4)治療後の検診/経過観察

特に初めてのヒアルロン酸注射の方ですと不安な点も多いでしょうし、治療後の検診を推奨しています。ヒアルロン酸注射後1週間以降で状態を診させて頂きます。

(5)継続的な注射

ヒアルロン酸注射の効果ですが、肌に注入されたヒアルロン酸が完全に吸収されるには多くの場合2年程度かかります。だからと言って効果が2年持続することではありません。注入されたヒアルロン酸というのは、少しずつ分解吸収されていくもの。実際の効果はその方がどの程度少なくなったかという感覚で違ってきます。多くの場合、注入されたヒアルロン酸の半分程度が吸収されたら効果が薄れてきたと感じやすいことから実際のヒアルロン酸の効果は1年程度を目安にして頂くことが良いでしょう。
残留しているヒアルロン酸があってもさらにヒアルロン酸を追加することは可能です。その場合、初回のヒアルロン酸注射よりも使用するヒアルロン酸製剤の量は少なくて済みます。

効果の持続

ヒアルロン酸注射の効果期間についてご案内します。
注入され、皮下もしくは筋膜下に残留しているヒアルロン酸製剤というのは概ね2年という時間をかけて少しずつ分解・吸収されていきやがて消失してしまいます。残留ヒアルロン酸が消失したら効果がなくなるわけではありません。ヒアルロン酸注射直後はふっくらとボリュームが足されることで仕上がりに満足されています。
そこから少しずつヒアルロン酸は分解・吸収が始まるのですが、鼻を高くした場合などは残留ヒアルロン酸が半分にまで減少してもある程度の効果があるため気にされない方が比較的多く、残留ヒアルロン酸が2、3割になると元に戻ってしまった、吸収されたと感じやすい傾向にあります。
それがほうれい線となると半分程度吸収された段階で、たるんできたと感じる方が多い印象です。そのため鼻のヒアルロン酸などは1年半から2年程度、ほうれい線などは1年程度で再注入を希望される傾向にあります。

ヒアルロン酸注射のリスクと問題点

簡単なヒアルロン酸注射ですが、実は問題点やリスクが無いわけではありません。ここではヒアルロン酸注射に問題点、リスクや注意すべきことについてご案内致します。

(ヒアルロン酸注射のリスク)

ヒアルロン酸注射で起こりうる問題ですが、腫れや内出血というのは血管を傷つける可能性はゼロではありませんの絶対に起こさないという保証はありません。しかし、仮に引き起こしたとしても数日の経過観察で解消するものですのですし、メイクで十分隠せますので大きなリスクとして捉える必要は無いと考えています。
ヒアルロン酸注射の大きな問題というのは2つ。
一つは浅い層への注入によってミミズ腫れのような状態になってしまうこと。もう一つは過剰な注入や血管内への流入によって生じる血流障害です。この2つのリスクは非常に問題で、特に血管内への流入については、皮膚の壊死などを引き起こす可能性が高いため十分に注意が必要です。特にヒアルロン酸注射後数時間の対処法一つで皮膚へのダメージや後遺症に大きく繋がるため十分な注意が必要なのです。

(不安がある、満足のいかないヒアルロン酸注射は行いません)

鏡で確認しながら治療します
緊急時の診察・処置にも対応
治療前に具体的に使用するヒアルロン酸量を提示します