1. HOME
  2. お悩み・症状
  3. FACE
  4. 1_ 二重まぶた
  5. 二重まぶたの幅を広げたい

FACE

お顔の悩み

1_ 二重まぶた

二重まぶたの幅を広げたい

二重まぶたの幅
魅力的な目元になるために…
二重まぶたの幅が広がるだけで印象は大きく変わる
二重まぶたの幅を広げるといってもそんなに簡単なことなんだろうか?
不安や心配は尽きない。ここでは二重まぶたの幅に悩みを持っている方にお勧め方法をご紹介します。

二重の幅を広げる方法

もともと二重まぶたで少しずつ二重まぶたの幅が狭くなってきた。二重まぶたの手術を受けて二重にはなったけれど、今の幅よりももう少し幅を広げたいなど様々な理由から二重まぶたの幅を広げたいという要望を持っている方は少なくありません。

どうやって二重まぶたの幅を広げることができるのか?
二重まぶたの幅を広げる手術の方法とは?
二重の幅を広げることのリスクは?

など二重の幅を広げる方法に関する疑問や質問お答えます。

どうやって二重まぶたの幅を広げることができるのか?

二重まぶたの幅を広げる方法は一重まぶたを二重まぶたにする方法と同じ原理です。二重まぶたというのは目を開けると同時にまぶたの皮膚も同じように持ち上げて二重まぶたを作っているのですが、今よりも二重まぶたの幅を広げるというのは、今持ち上げている皮膚よりもさらに多くの皮膚を持ち上げることで、さらに二重まぶたの幅を広げることができるのです。

二重まぶたの幅を広げる具体的な方法とは?

二重まぶたの幅を広げる方法は大きく分けて2つ。糸で止める埋没法と、切開することによって二重まぶたの幅を広げる切開法。さらに言えば、切開法には小切開(部分切開)と全切開(上眼瞼切開)という方法があります。

(埋没法)

埋没法は糸で皮膚を持ち上げることによって二重まぶたの幅を広げる方法です。糸を通しだけなので、腫れや痛みなどを伴うことがなく、術後のダウンタイム(日常生活への制限)を伴わないプチ整形的な方法です。

埋没法

(切開法)

切開法は皮膚に直接切開を加え、組織に癒着によって皮膚を持ち上げて二重まぶたの幅を広げます。皮膚を切開するため腫れや傷跡の心配はありますが、どんなタイプのまぶたにも対応できるのが大きな特徴です。

小切開

二重まぶたのライン状を数ミリ切開することによって、皮膚の内部で癒着を作り取れない二重まぶたを作ります。最小限の傷跡でダウンタイムが非常に短いのが小切開の特徴です。

小切開

全切開

二重まぶたのライン上を切開することによって、二重まぶたの幅を広げる方法です。二重まぶたの幅を自由に調整できるだけではなく、どんなタイプのまぶたでも治療できるのが特徴です。

上眼瞼切開

二重の幅を広げることによるリスクは?

二重まぶたの幅を広げるリスクなんてない!と言いたいところなのですが、広げることによるリスクではないのですが、広げすぎてしまったことによるリスクにはいくつかの問題点があります。何にでも言えることですが、程々ということが一番大切であることを忘れないでください。二重まぶたの幅を過剰に広げ過ぎてしまうと以下のような症状を引き起こします。

眠そうな目元の印象になってしまう
目が開きにくくなってしまう
仕上がりが不自然 など

このような症状を引き起こすことがあることから、過剰な幅を広げるのは避けるべきです。二重まぶたの整形を受ける方で多いのが、二重まぶたの整形を受けた後、ご自身の目元を見慣れてしまいもっと幅を広げたいという要望を持ってしまうということ。もちろん、加齢によってまぶたにたるみを生じ、引き上げるなど適応があれば問題ありませんが、過剰に幅を広げるということは不自然になうだけでなく、健康を損ねるリスクも潜んでいますので十分注意が必要です。私たちはそういったアドバイスも行なっております。お気軽にご相談下さい。