線維芽細胞移植術

加齢によって肌から失われるもの。それはコラーゲンヒアルロン酸
これらの物質が失われると肌の衰えを急激に加速してしまいます。美しい肌、若くハリ・弾力のある素肌にはコラーゲンやヒアルロン酸が密にあります。それが加齢や光老化によって失われてしまうのです。

失われたからといってコラーゲンやヒアルロン酸を補充することで良いのでしょうか? もちろん、補充することによって一時的には潤いを取り戻すでしょう。しかし、本当に必要なことはコラーゲンやヒアルロン酸を補充することではないはず。
もっとも大切で必要なこと。それは「コラーゲンやヒアルロン酸を作り出す肌細胞」を増やすことなのです。
それが私たちの肌の再生医療「線維芽細胞注入療法」なのです。

肌の再生医療
芽細胞注入療法

私たちの線維芽細胞注入療法というのは、あなた自身の肌細胞(線維芽細胞)を抽出し、それを細胞培養という特別な技術を使って数百万倍にまで増殖させます。そうして増殖した線維芽細胞を衰えた肌に注射で注入・移植するという技術です。この技術によって肌から失われた線維芽細胞が大量に増えますので、細胞から直接的にコラーゲンやヒアルロン酸を増やすことができるのです。
ただ増えるのではなく、細胞の作用として生理的に自然にコラーゲン、ヒアルロン酸が増えるため何より自然です。

線維芽細胞注入療法とは

肌が再生する理由

どうして肌の再生医療「線維芽細胞注入療法」で肌が若返るのか?そのメカニズムをご説明します。このような作用はこれまでのレーザー治療やPRPなどでは絶対に再現することはできません。線維芽細胞注入療法だけが叶えることができるのが最大の特徴です。

老化した肌

老化した肌

加齢、光老化などによって線維芽細胞が衰え減少、そうして肌のコラーゲン、ヒアルロン酸も減少。

線維芽細胞を注入

線維芽細胞を注入・補充

細胞培養という技術を使って肌細胞(線維芽細胞)を大量に増殖させ、細胞に注入。

治療後

肌が若返る

移植された線維芽細胞が活発に働き、コラーゲン、ヒアルロン酸が増え肌が若返る。

このように根本的に肌の線維芽細胞が増えることによって、真皮層のコラーゲン、ヒアルロン酸が大量に作られ皮膚が肥厚化し、肌のハリ・弾力・潤いを速やかに取り戻すことができるのです。

線維芽細胞注入療法で得られる効果

  • 肌の若返り
  • 弾力・潤い感のUP
  • シワ・たるみの改善
  • 目の下のクマ
  • ちりめんジワの改善
  • しぼみ肌がふっくらする
  • 肌のもたつきの改善

線維芽細胞注入のメリット

MERIT

線維芽細胞注入は肌の若返りにおいて非常に優れた若返り効果・作用をもたらしてくれます。これまでの若返り治療すべて、コラーゲンやヒアルロン酸が増えるのは、細胞が増えている訳ではありません。今ある肌細胞に刺激を加えることで無理矢理働かせることでコラーゲンやヒアルロン酸を増やしていたのです。もちろん、それが悪いということではありません。なぜならこれまではその方法しかありませんでしたから。

でもこれからは違います。肌細胞を活性化させるだけではなく、肌細胞そのものを増やすことができるのです。

治療のリスク・問題点

RISK

線維芽細胞注入療法にもリスクはあります。採取した肌細胞のコンディションが悪いとせっかく治療を受けても肌の若返り効果が乏しいという

■ 効果の実感が少ない・効果がない
線維芽細胞移植の効果というのは、真皮に移植された肌細胞が生着し、そこからコラーゲンを再構築し、エラスチンやヒアルロン酸を分泌するために非常に長い時間を要します。また、毎日のわずかな肌の変化に気がつかれない方も多く、本当に治療を受けて効果があったのか疑問や不安を抱く方も少なくありません。 しかし、この治療は非常にリピート率が高く、これまでに96%以上の方が再培養を申し込まれています。安価な治療費であればリピート率が高くなってもおかしくはありませんが、非常に高額な治療であるにも関わらず、これだけのリピート率が高いというのは肌に何らかの変化を実感しているということです。時間はかかりますが、肌そのものを若返らせる線維芽細胞移植はあなたの肌にとって非常に大切な治療であることを知っておいて下さい。 私たちの線維芽細胞培養は単に細胞数を増やしているだけではありません。細胞の質を高め活性化させた線維芽細胞に整えて肌に移植しています。また、移植後のケアを充実させ細胞の生着と生着細胞の働きを活性化させることで肌の若返りをより効果的に高めた治療を提供しています。

他院で線維芽細胞培養を受けられて効果を実感できなかった方
線維芽細胞移植をおこなっている美容外科は非常に少ないのですが、細胞培養の技術だけではなく、細胞移植の方法・手技については大きく違います。慶友形成クリニックで移植する細胞は細胞品質にこだわった良質の細胞だけを肌に移植しますので、他で受けて効果を実感できなかった方でも非常に有効な成績を修めています。肌を若返らせたい、本当の再生医療を体感してみたい方は是非一度ご相談下さい。

線維芽細胞移植 - 実際の方法

[ 肌の再生医療はダウンタイムが非常に短いのが特徴のひとつ ]

線維芽細胞培養の治療というのは皮膚片から細胞を抽出し、それを数百万倍にまで増やす必要があるため、非常に時間を要します。また、外科手術のように短期での効果はありません。移植した細胞の働きが安定し、肌が若返るまでには一定の時間がかかってしまうことをご理解頂かなくてはいけません。

線維芽細胞移植に向いている人・向いていない人
[ 線維芽細胞移植というのは特殊な治療です ]
線維芽細胞移植というのは特殊な治療です。外科手術のように手術直後から効果を実感できるものではありませんし、治療後に劇的な変化を実感できる訳でもありません。しかし、肌は確実に若返ります。まず早期に体感できる効果は保湿力です。そうしてしばらくして周囲から肌がキレイになったと評価されるでしょう。そこで初めて「あぁ、線維芽細胞って効果があるんだな!」と実感できるものです。 線維芽細胞移植というのは、フェイスリフトのような劇的な変化を出すことのできない非常に地味な治療です。しかし、無駄な治療ではありません。線維芽細胞移植は肌が若返るだけではなく、肌の老化スピードを格段に遅くすることができるのです。

[線維芽細胞移植が向いている人]
・肌を根本的に若返らせたい方        ・すべて自己細胞を使った治療をご希望の方 ・効果の出現までに時間がかかることに理解を持てる方  ・

[線維芽細胞移植が向いていない人]
・フェイスリフトのような劇的な変化を望む方   ・短期間での効果を希望される方 ・多

線維芽細胞移植の問題点というのは効果の実感の遅さにあります。アクティブな外科治療と違い数ヶ月、数年単位で肌を若返らせることしかできません。これが線維芽細胞の最大のデメリットです。しかし、デメリット以上に得られる優れた効果が線維芽細胞移植にあるんです。

他の治療との比較・違い

再生というのは、失われたもの(ここでは細胞を言います)が再度生成される現象を言います。私たちの再生医療というのは老化によって失われた肌細胞を再度生成させる技術です。多くの美容クリニックで行っているPRPや成長因子のように今ある肌細胞を活性化させるものではありません。失ったものを増やすから再生医療なのです。活性化させるだけであればどんな治療であっても容易にできるのです。 私たちができる再生医療と一般的な美容外科で受けることができるPRPや成長因子とでは治療原理や治療効果は全く違うということを知って下さい。

私たちの「線維芽細胞注入療法」

[ マイクロサージャリーによる顕微手術で埋没法をおこないます ]

私たちにしかできない再生医療があります。それが線維芽細胞というひとつの細胞を数百万倍にまで培養して増やす。その増やした細胞を肌(真皮)に移植して、肌そのものの線維芽細胞を増やして肌を新しく生成する治療です。この肌の再生医療には細胞を培養する技術の違い(細胞品質)がありますし、増えた細胞をどうやって移植させるか(治療品質)という方法でも違いがあるのです。
慶友形成クリニック神戸は再生医療を中心とした若返りを得意とする美容外科としてさまざまな治療を提供することができます。ここでは私たちにしかできない再生医療の違いをご案内します。

[ すべて私たちが一貫して培養・管理まですることに意味がある ]

線維芽細胞移植の効果には2つあります。ひとつは誰もが望んでいる「肌の若返り」です。もうひとつは「老化の予防」です。この2つを実感して頂けるのは私たちがおこなっている肌の再生医療しかありません。

より高い効果・肌の若返りを目指して

治療前

線維芽細胞注入療法_治療前

線維芽細胞注入療法の4年後

線維芽細胞注入療法_治療後

このお写真は線維芽細胞移植を受けられて4年を過ぎた肌の状態です。左側は治療前、5年前の肌、右側の肌は今の肌の状態です。5年を過ぎても肌は老化せず、むしろ若返っているのが明らかに解っていただけると思います。肌の艶、透明感、口周りの弛みまでもが改善できるのが私たちの線維芽細胞移植の特徴です。

私たちのこだわり

SPECIAL

私たちだからできる。私たちにしかできない治療。それが私たちの肌の再生医療「線維芽細胞注入療法」です。

慶友形成クリニックの線維芽細胞注入療法のこだわり

純粋に肌細胞「線維芽細胞」だけを培養して移植
細胞の品質管理を徹底しています
肌再生の効果を高めた施術を併用できます。
肌の再生医療の効果

他との違い

DIFFERENCE

最近増え始めた肌の再生医療。それでも私たちにしかできないことがあります。

治療の内容・方法

OPERATION

線維芽細胞注入療法の実際の治療内容・方法のご紹介

術後の経過・ダウンタイム

EXPIRATION

線維芽細胞注入療法の術後の経過、ダウンタイム、注意事項についてご紹介します。

治療の流れ

FLOW

ここでは私たちの線維芽細胞注入療法の治療の流れをご案内します。

Flow-1カウンセリング

専門医が肌の状態を診察し、現在のお悩みに対し線維芽細胞注入療法が適しているのか、他に治療法などがあるのかなど細かく診察し具体的な治療プランをご提案いたします。

Flow-2血液検査

線維芽細胞注入療法を受けて頂くには血液検査が必須です。肌の再生医療の場合、他の医療機関での検査は参考値となります。すべて当院での検査が必要となります。ただし東京院での検査は有効です。

Flow-3皮膚片・血液採取

線維芽細胞を培養するために耳の裏側から皮膚片と血液を採取します。

Flow-4細胞培養の開始

採取した皮膚片と血液をクリニック内の処理施設にて細胞の抽出、細胞培養をおこないます。
お肌に移植するまでの細胞数を確保するのに概ね1.5ヶ月程度の期間を要します。

Flow-5細胞注入・移植

細胞培養で増殖させた「線維芽細胞」注射で肌に移植します。治療時間は範囲によっても違ってきますが、目元だけですと10分程度で終了します。

[ 治療の前に血液検査を受けて頂きます ]
細胞培養には感染症、貧血の状態など血液検査が必要です。他院で受けて頂いた検査データではなく、必ず当院で血液検査を受けて頂かなくてはいけません。血液検査の結果には最低でも4、5日はかかります。

[ 細胞・血液を採取 ]
耳の裏側に局所麻酔の注射をおこないます。痛みに対して過敏な方は麻酔クリームを使って痛みを軽減することもできます。耳の付け根のシワに沿って皮膚を切開し、6、7ミリの皮膚を切除します。丁寧に止血をおこない傷を縫合して皮膚の採取を終わります。次に血液を採取します。細胞培養には血清が必要なのですが、私たちは動物の血液ではなく、すべてご自身の血液を使って採取した細胞を増やします。皮膚片の採取と血液の採取で概ね90分程度はかかります。

[ 細胞培養を開始します ]
採取した皮膚片と血液はクリニック内の細胞培養室に運びます。そこで採取した皮膚片から線維芽細胞だけを抽出し、採取した血液を血清に分離し、細胞培養の準備をおこないます。培養した線維芽細胞は注入用の細胞と冷凍保管用のマスターセル細胞とに分けておきます。注入できる細胞量までは概ね1.5ヶ月かかります。細胞には一番適切な時期があります。注入日を設定し、その日に合わせて一番ベストな状態に細胞のコンディションを整えます。

[ 細胞を移植します ]
細胞注入部分に麻酔クリームを塗布し、注入・移植時の痛みを緩和させます。ご希望に応じ水光注射の機器を使って細胞を移植することも可能です。その場合、痛みはほとんどありません。注入のお時間ですが、範囲にもよりますが、目元と頬の2部位で20分程度です。注入後は移植した細胞の生着を高めるための処置をおこないます。

料金・費用

PRICE

線維芽細胞注入療法の値段をご案内します。

- 初回の治療 -
細胞培養費用1部位
400,000
2部位
500,000
3部位
600,000
4部位
700,000
5部位
800,000
細胞注入移植費用
34,000

※ 別途、消費税

※ 標準麻酔(麻酔クリーム・シール)含む

- 2回目以降の治療 -
細胞培養費用1部位
300,000
2部位
400,000
3部位
500,000
4部位
600,000
5部位
700,000
細胞注入移植費用
34,000

※ 別途、消費税

※ 標準麻酔(麻酔クリーム・シール)含む

注意事項
線維芽細胞移植治療開始後の注意事項
[ 線維芽細胞移植を受けて頂くにあたっての過ごし方や注意点について ]
細胞採取、血液採取後というのは軽い貧血状態になっています。術前の検査結果によっては内服を処方しますので指示通りに服用して下さい。細胞採取の当日は耳の裏側に軽い圧迫をおこないます。その圧迫は軽くテープで固定しているだけですので、翌日にご自身でお取り頂きます。特に腫れや痛みなどを生じることもありません。7日後に抜糸をさせていただきます。 その後は採取した細胞の発育をお待ち頂きます。培養期間というのは個人差がありますが概ね1.5ヶ月とお考え下さい。それ以降であればいつでも細胞移植が可能です。一度細胞を採取したら半永久的に保管ができますので、繰り返して皮膚を採取する必要はございません。

[ 細胞移植後 ]
肌細胞移植後の注意事項としては治療当日はよく冷やしていただきます。それ以外に注意して頂くことはありません。軽い腫れを起こしていますが、翌日には解消します。注射痕といって赤い点々は3、4日で消失します。翌日からメイクは可能ですし、注射痕もメイクで十分隠せます。

セルバンク

CELLBANK

線維芽細胞は預けて将来に備えることも大切

あなたから採取したあなた自身の肌細胞「線維芽細胞」。セルバンクに預ければ10年後、20年後、さらにその先に及ぶまで、使いたい時に引き出して使うことができます。ここではセルバンクのご利用の流れ、仕組みについてご説明します。

セルバンクとは

セルバンクとは、線維芽細胞注入療法の時にあなたの皮膚片から採取した肌細胞「線維芽細胞」を細胞の銀行(セルバンク)に預けて保管するサービスです。-196℃という特別な環境下であれば細胞は分裂することなく眠ったままの状態で時を過ごすことができます。

例えば20歳時に細胞を保管した場合、40歳になった時セルバンクから細胞を引き出しても預けた時の年齢の若い細胞のまま眠っていますので20歳の時の細胞を肌に注入することができるのです。当然、若い時の肌の方が今よりも動きは活発ですし、よりコラーゲンやヒアルロン酸を作り出す能力も高い。セルバンクは少しでも早い段階で保管することをお勧めします。

もちろん、50代、60代では手遅れなのでは? と思われる方もいますが、それでもこれから先のことを考えると手遅れではありません。もちろん20代、30代の時の肌細胞に比べれば衰えていることは否めませんが、それでもこれから先のことを考えれば非常に有意義な治療であることに違いはないのです。

ご利用の流れ

線維芽細胞注入療法を受けて頂く方を限定でご利用いただけます。注入療法を受けて頂く方はそのままセルバンクで細胞を保管しますので特別な申し込み等は不要です。セルバンクから細胞を引き出す場合は、再注入のお申し込みの際にご利用になれますので2回目以降の線維芽細胞注入療法を受けられる方は皮膚片の採取は不要です。

ご利用料金

当院ではセルバンクのご利用は全て無償です。(ただし、特別キャンペーンなどで期限を明記しているコース・プランを除く)
また、いかなる理由でも保管・保存細胞の譲渡・移管はできません。予めご了承下さい。

さまざまな疑問・質問

Q&A

線維芽細胞注入療法に関する疑問・質問にお答えします。

肌の再生医療

  1. 線維芽細胞移植術

    加齢によって肌から失われるもの。それはコラーゲン

肌の再生医療Regenerative