1. HOME
  2. 各治療法
  3. FACE
  4. 1_ 二重まぶた
  5. 埋没法

FACE

お顔の悩み

1_ 二重まぶた

埋没法

埋没法

美しさ・可愛らしさと表情豊かな印象を与えることができる二重まぶた。二重まぶたは美しさだけではなく、優しさも表現してくれるため「二重まぶた」への憧れは誰もが持っているもの。そんな二重まぶたを簡単に手に入れることができる方法があります。それが「埋没法」。
ここではそんな埋没法に関する治療法と私たちの手法、埋没法へのこだわりについてご紹介いたします。

埋没法

埋没法とは、瞼板と皮膚との間に糸を使って結びつけ、癒着を作ることで、一重瞼を二重まぶたにしたり、今の二重まぶたの幅を広めることであなたの想い描く憧れの目元に変わることができる二重まぶたの代表的な術式の一つです。
糸で止めるだけですので腫れや内出血、痛みなどのトラブルがほとんどなく、ダウンタイム(日常生活への制限)が伴うこともないため安心して治療を受けていただくことができます。
また、糸を通すだけですので傷跡の心配がないというのも埋没法の大きな特徴です。

こんな方におすすめ

埋没法は二重まぶたにする治療としては非常にスタンダードな方法です。以下のような方にお勧めします。

  • 一重瞼を二重まぶたにしたい
  • 二重のラインの形を変えたい
  • 自然な二重まぶたにしたい
  • 最小限のダウンタイムに抑えたい
  • 二重まぶたの幅を広げたい
  • 傷を残したくない
  • 腫れるのが困る など

埋没法の種類

埋没法には瞼板法、挙筋法。2つの術式があります。

(瞼板法)

瞼板法は皮膚と瞼板とを結びつける方法で、瞼板にしっかりと固定できるので、安定した状態を維持しやすくライン消失のリスクが少ないというのが特徴です。瞼板に糸を通すことで結膜側に糸が露出することがありますが、当院では一切結膜側に糸の露出をさせず、すべて埋め込むことによって結膜側、眼球側への糸の露出をゼロにしています。

(挙筋法)

挙筋法は皮膚と挙筋との間を糸で止める手法です。皮膚のたるみの強い方や、幅の広い二重まぶたを希望される場合は挙筋法を選択せざる得ませんが、挙筋というのは自律神経系に大きな影響を与える可能性があるため、当院では基本的には瞼板法を推奨しています。

埋没法のメリット・デメリット

埋没法は糸で止めるだけの非常に簡単にできる二重まぶたの形成術です。大掛かりな皮膚の切開を必要としないため仕上がりがとにかく自然で生まれつき二重まぶたのような自然で美しい目元に変わることができます。
しかし、糸で止めるだけですのでデメリットも存在します。ここでは埋没法におけるメリット、デメリットについてご紹介します。

法のメリット

  • 仕上がりが非常に自然
  • 腫れが極端に少ない
  • 治療直後にほぼ仕上がりの状態にできる
  • 短時間で治療ができる(片側10分程度)
  • 通院の回数が少ない
  • 傷の心配がない、傷を残さない
  • 抜糸をすれば元に戻せる
  • 幅を広げたり、形状の変更がしやすい

法のデメリット

  • ライン消失のリスクがある
  • 皮膚の厚みの強い方には向いていない
  • たるみを解消させることはできない
  • 糸の違和感が慣れるまで1、2日かかる

埋没法の実際

ここでは私たちの埋没法の実際の方法についてご案内します。

OPERATION1仕上がりの確認

埋没法で大切なのは実はこの仕上がりの確認作業です。どれだけ高い技術を持っていても埋没法を受ける方がどういった仕上がりを望んでいるのかということを正確に把握できなければ、理想の二重まぶたに仕上げることはできません。私たちは術前のカウンセリングに十分な時間をかけ、しっかりとした術後の仕上がりイメージを共有したことを確認してから埋没法の手術を実施します。

OPERATION2デザイン

手術室に移動していただきます。そうして埋没法の手術が始まりますが、最初に行うことはまずは細かなデザインです。仕上がりの確認の際に印をつけるのですが、その後は細かなデザインを正確にまぶたに描いていきます。この作業が実は埋没法の実際の手術の時間よりも少し長くなることがあります。それくらい丁寧に描いていきます。非常に細いマーカーで描くのでチクチクした感じが少し続きます。痛みではありませんのでご安心下さい。

OPERATION3麻酔

デザインを描き終えたらいよいよ局所麻酔の注射を行います。麻酔の注射針は34g針という非常に細い針を使用します。針を細くすることは穿刺痛を抑えることはできますが、麻酔薬が浸透する際の痛みは注入速度と薬剤の浸透圧、pHによって違ってきますので、ゆっくり丁寧に浸透させるよう心がけています。使用する麻酔薬についてもいくつかの薬剤を混ぜできる限り痛みを最小限に抑えるよう工夫しています。

OPERATION4皮膚の切開

埋没法の糸を通し、結び目を埋没させるために皮膚を1㎜切開します。患者さんの中には皮膚を切らないと勘違いされている方も多いのですが、どんな埋没法であれ、糸を通す部分、結び目を埋没させる部分は必ず皮膚の切開が必要です。切らないという埋没法は存在しません。当院では1㎜ですが、必ず皮膚は切開するものです。
ただし、メスで丁寧に切開を加えるため傷は残りませんのでご安心下さい。

OPERATION5糸を通す

瞼板と皮膚との間にループ状に糸を通します。基本的には4点固定ですので、片側に2ループの糸を通してしっかりとした自然で安定した二重まぶたに仕上げるよう固定します。
糸を通す際に痛みを心配される方が多いのですが、しっかりと麻酔を行っていますので糸を通す際に痛みを感じることはありませんのでご安心下さい。

OPERATION6縫合・終了

二重まぶたの仕上がりの状態を確認し、問題がなければ糸を結びます。
その後は糸の結び目をしっかりと皮下に収めて埋没法の治療は完了です。実際に起き上がっていただき仕上がりの状態を確認していただけますので治療結果には十分満足していただくことが可能です。

慶友形成クリニックの埋没法

埋没法の仕上がりまでの流れ

あなたの想う理想的な二重まぶたになれるまでの全体の流れをご紹介します。

FLOW0診察・カウンセリング

まず初めに行うのはカウンセリングです。専門医による診察を受けていただき、あなたのまぶたの状態を診察し、あなたの仕上がりに対するご要望を確認します。その上で埋没法の適応等を判断し具体的な治療法等をご案内致します。カウンセリングでは最初にお顔の写真を撮影し、あなた自身のお写真を使って具体的に説明します。
カウンセリングのお時間は概ね30、40分程度とお考え下さい。

FLOW1各種検査

埋没法は治療そのものは簡単ですが、メスや針等を使う手術です。ですので事前の血液検査が必須です。血液検査はカウンセリング当日に受けて頂くこともできますし、後日改めてご来院いただき血液検査を受けて頂くことも可能です。また、ご遠方の方などは採血項目をお渡ししますのでお近くの医療機関で検査を受けていただき、事前に送付もしくはメールで送っていただき、当日に原本をお持ちいただくことでも治療を受けて頂くことは可能です。お気軽にご相談下さい。

FLOW2埋没法の治療

いよいよ埋没法の治療です。治療当日はそのまますぐに手術室に移動するのではなく、まずは診察室で最終的な仕上がり等を確認します。その上でデザインを描きその後に手術室に入室していただきます。
埋没法の治療時間は概ね30、40分程度です。
詳しい埋没法の方法はこちらをご参考ください。

FLOW3術後の状態・経過

術直後に鏡で仕上がりの状態を確認していただきます。完全ではありませんが、ほぼ仕上がりに近い状態になっています。状態を確認していただいた後は別室に移動していただき、そちらでクーリングと軽い圧迫をしながら少しお休みいただきます。その後、普通にご帰宅して頂けます。

FLOW4術後検診・最終チェック

術後の最終チェックは10日以降で確認します。傷の状態、二重まぶたの仕上がりを確認し、問題がなければ埋没法は終了です。

FLOW5保証について

埋没法のライン保証は治療翌日より1年です。その間にライン消失してしまった場合は無償で再度埋没法を受けて頂けます。ただし、保証期間終了後に何かしら当院で受けた埋没法で問題を引き起こすようなことがありましたらそれはライン消失の保証とは異なりますので期限を設けず対応しております。
保証期間というのはあくまでライン消失の期間であり、他に何かしらの問題を引き起こした場合は無期限で対応していますのでご安心下さい。

埋没法の料金

埋没法の料金についてご案内します。埋没法の料金は両側(4点固定)で120,000円です。この費用には標準麻酔、内服や術後の検診費用等が含まれています。

埋没法(4点固定)120,000

別途消費税

料金表

埋没法のリスクと問題点

手軽さだけが重視されている二重まぶたの手術「埋没法」ですが、いくつかのリスクと問題点があることも知っておいて下さい。

埋没法に関する基礎知識

知っておいて欲しい埋没法のこと、埋没法に関する基礎知識についてご紹介します。

BASIC糸の太さは細い方が良いは大きな間違い!

埋没法で使用する糸は細い方が良いという錯覚を思える方が少なくありません。もちろん、糸が細くなれば細くなるほど痛みが少なく、腫れも少ないと考えるのが一般的でしょう。しかし、実際の埋没法というのは麻酔を行なっています。麻酔が効いている状態では糸の太さが痛みに影響する可能性はありません。
腫れについても同じです。もともと極太の糸を使うことはほとんどありません。ですので極細の糸だから腫れが少ないということも大きな間違いなのです。
実は細い糸を使うということはデメリットでしかないことを知っておいて下さい。糸の強さは太さに影響します。太ければ切れにくいことは誰でも想像できるでしょう。糸が切れてしまえば、埋没法のライン消失の確率は高くなるのは当然のこと。また、埋没法は糸で瞼板と皮膚と癒着させる方法です。瞼板と皮膚の間にある組織、瞼板前組織というのは結合組織が多く、非常に柔らかいのです。柔らかい組織に糸を引っ掛けているだけですので糸が細ければ細いほどこちらもライン消失のリスクが高くなってしまうのです。厳密に言えば、私たちの埋没法は糸で支えるというよりも糸の結び目を少し大きくすることでライン消失のリスクを少なくするなどの工夫を凝らしていますが、極端に細い糸を使うとライン消失のリスクにしかならないということを知っておきましょう。

BASIC固定する数が多ければ取れにくい?

埋没法の固定数ですが、2点、4点、5点、6点などさまざまな固定方法があると思います。実際、固定ポイントが多ければ本当にライン消失のリスクは低くなるのでしょうか?
実は固定数が増やせば増やすほどライン消失のリスクが高くなるかという明確なデータはありません。あくまで取れにくいだろうという感覚的な問題です。経験上4点固定で十分であり、それ以上の固定に意味はないと考えている美容外科医が圧倒的に多いのが現実です。
また、固定箇所が増えることによる弊害の方が大きいため5点固定以上の埋没法はあまりお勧めしません。5点以上の固定が必要になるような目元の場合、本来、埋没法が向いていないタイプの可能性が高く、仕上がりも不自然になるだけでなく、腫れの長期化や眼瞼下垂を引き起こすリスクが高くなるということを知っておく必要があります。

埋没法について質問する
埋没法の診察を申込む