太ももの脂肪吸引

太ももの肪吸引はあなたの悩みである
脚の太さを根本的に解決できる!!

太ももが太い、脚と脚の間に隙間が欲しい、パンツやジーンズをはきたいけれど太ももが太いことが悩みで躊躇してしまったり諦めてしまっている。そんなあなたの悩みを私たちが「太ももの脂肪吸引」で解消します。太ももの脂肪吸引は、太ももの周囲に付いているお肉(皮下脂肪)を吸い取って確実に細く整えるボディデザインのひとつです。無理なダイエットや運動は必要ありません。治療で皮下脂肪そのものを一気に取り除いてしまうだけで、脚は劇的に細く変化します。太ももの脂肪吸引は怖いし、危険というあなたの勘違いを私たちが本当に受けてよかったという想いに変えます。
なぜなら太ももの脂肪吸引は決して危険な治療ではありませんし、脚を細くしたいあなたにとっては何より”脚痩せ効果絶大”な治療なのです。まずは私たちの太ももの脂肪吸引を知って下さい。

太もも脂肪

太ももの脂肪吸引とは、大腿部(太もも)についている皮下脂肪を吸い取って、部分的もしくは太もも全体のサイズダウンをすることによって、見た目の太ももの太さを解消させる美容外科テクニックの一つです。太ももの脂肪吸引は脂肪吸引の種類の中でも非常に人気の高い部分で脚やせ効果は絶大です。どの部分を細くするかということが一番重要で、ポイントで良いのか、それとも太もも全体・全周を細くしたいのかということで麻酔法、術後の経過やドレッシングというのは違ってきます。
太ももの脂肪吸引の特徴は内側、外側上部、後面は比較的皮下脂肪が付いている傾向にあるため全周法などは大幅なサイズダウンが可能です。

太ももの脂肪吸引で得られる効果は「短期間で確実に細くなる」ということ。ダイエットや運動は不要です。治療として太もも周りの皮下脂肪を吸い取ることで大幅なサイズダウンを実現します。

こんな方に脂肪吸引は向いています

  • 短期間で脚痩せ効果を出したい方
  • 脚全体を細くしたい方
  • 脚と脚の間に隙間を作りたい方
  • 太もものラインをキレイにしたい方
  • 確実に太ももを細くしたい方

太ももの脂肪吸引の効果

太ももの脂肪吸引は、太ももを細く、部分痩せを実現し美しい脚に変化させるための体型矯正治療です。脚が細くなるとさまざまな効果を実感していただくことができます。

  • 脚痩せ効果
  • パンツのサイズダウン
  • ボディランがキレイになる
  • 服のバリエーションが増える
  • 水着を着るのに自信を持つ など

私たちの太ももの脂肪吸引

太ももの脂肪吸引といってもクリニックによって術式や術後のドレッシング、傷の場所などに大きな違いがあります。しかし、そのわずかな違いが仕上がりの自然さだけでなく、術後の経過や痛みなどの苦痛に大きな違いを生じると考えています。

太ももの脂肪吸引へのこだわり

太ももの脂肪吸引で一番大切なことは、脂肪吸引にかける時間と、吸引の丁寧さです。常にそのことを意識して太ももの脂肪吸引を行なっています。太ももというのはお腹に次いで比較的皮下脂肪が多く厚みもあります。そのため一気に大量に吸引することも可能です。しかし、太ももの特徴は皮下脂肪とその直下の筋肉、筋肉の下には何もないため、皮下脂肪層のムラが表面に如実に出てしまいます。
特に浅い層での脂肪吸引は非常にリスクが高いもの。ふくらはぎの脂肪吸引ほどではありませんが、それでも雑な太ももの脂肪吸引は表面に凹凸を作ってしまいます。

慶友形成クリニック神戸の太ももの脂肪吸引は正確なカニューレ操作を基本とし、取り除く皮下脂肪でさえ丁寧に扱うことで、最大限の細さと凹凸を作らない脂肪吸引を提供しています。

痛みを持続させません
傷跡を目立たせません
大きな腫れを生じさせません
確実な効果を実感させます
追加費用の加算はいたしません
手術への不安を緩和させます

太ももの脂肪吸引 9つの工程とこだわり

慶友形成クリニック神戸の太ももの脂肪吸引ですが、9つの工程で実施いたします。また、それぞれの工程には私たちのこだわりがあり、それが仕上がりの自然さや腫れの少なさ、ダウンタイムの短さに大きな影響を与えていると考えています。

Process - 1術前の打ち合わせ(デザイン)
太ももの脂肪吸引当日はいきなり手術に入室するわけではありません。仕上がりについて再度確認し、具体的な太さや形など細かく打ち合わせを行ない太もも部分にデザインを描きます。このデザインが最終的な仕上がりになるのでしっかりと丁寧におこないます。

Process - 2手術室入室
事前に別室で専用の術衣に更衣していただき、手術室に入室していただきます。
吸引範囲によって違いますが、太もも全体を消毒し、その後、無菌のシーツで覆って術野を清潔な状態で確保します。次に吸引こうや吸引場所について再度細かなデザインの印をつけていきます。

Process - 3麻酔・チューメセント液の散布
局所麻酔の注射をおこない、脂肪を吸引する範囲全体にチューメセント液(麻酔や止血剤などの混合液)を広範囲に大量に散布し、皮下脂肪層に浸透させます。太ももの脂肪吸引で痛みを感じるのはこの部分です。実際の吸引が始まると麻酔が効いていますので、痛みを感じることはありません。
ただし、静脈麻酔や全身麻酔による脂肪吸引の場合、この麻酔の痛みも感じず楽に太ももの脂肪吸引を受けて頂くことができます。

Process - 4十分な浸透まで待つ
チューメセント液を散布し、十分浸透したところで表面からマッサージしながら太ももの脂肪を柔らかくしていきます。そうして十分ほぐれ柔らかくなるまで待ちます。余裕のないクリニックなどは直ちに吸引を始めますが、こういったわずかなことでも吸引できる脂肪に大きな違いを生じるのです。

Process - 5皮下脂肪の分離・分散
太ももの皮下脂肪を吸引できる状態になったところで、今度は皮下脂肪を直接内側から細かく分離・分散していきます。ベイザーなどを使用するクリニックも未だにあるようですが、細かく丁寧に分散させるには機械で行うのではなく、専用のバーで細かく手作業で行うことが一番有効です。私たちは全ての工程において手作業で丁寧に行うことが何より安全で効果的な脂肪吸引ができるものであると確信しております。
皮下脂肪を分離・分散することで、より効果的に皮下脂肪を吸引できること、凹凸を回避できること、出血量を少なくするというメリットがあります。特に表面に凹凸の出来やすい太ももの脂肪吸引には非常に有効です。

Process - 6太ももの脂肪吸引
いよいよ太ももの皮下脂肪を吸引していきます。吸引する皮下脂肪の量や皮膚の厚さによって、吸引器を用いて皮下脂肪を吸い取ったり、注射器(シリンジ)を用いて皮下脂肪を吸引したり、使い分けて細かく丁寧に実施します。当院のお腹の脂肪吸引はこのように複合的な脂肪吸引を行うことで安全で効果的な結果を導きだします。

(機械式吸引)
機械により吸引することで大量の皮下脂肪を吸い取ることができます。細かな量、少量の吸引には向いていません。ですので最初に大量に吸い取る場合は機械を用いて大量に吸引し、その後はシリンジ吸引で整えて仕上げるよう工夫しています。
(シリンジ吸引)
注射器に専用のカニューレを接続し、低吸引圧で浅い層の皮下脂肪や微量調整する必要があるポイントの脂肪吸引に用いています。手の感触で吸引圧を調整できるので細かな部分に向いている方法です。

Process - 7ドレナージ
太ももの皮下脂肪を吸い終えたら、チューメセント液や少量の血液を外に廃液(ドレナージ)して腫れや内出血の予防に努めます。肌に負担をかけないよう丁寧に行います。広範囲に及ぶ吸引や大量の吸引量の場合は、1泊入院していただき24時間かけてゆっくりとドレナージします。

Process - 8縫合
全ての工程が終了したら、吸引口部分をトリミングして傷を縫合します。傷部分の縫合ですが、一般的にはナイロン糸を使いますが、当院では吸収されるPDSを用いています。体に異物を残さないということを考慮しているからこそ、このような対応をしています。

Process - 9ドレッシング
最後に傷を保護すると同時に、吸引範囲の圧迫、ドレッシングをおこないます。太ももの脂肪吸引後のドレッシングはたるみを抑えること、腫れを最小限に抑えること、そうしてリンパ液の貯留を最小限にするという意味において非常に重要です。ドレッシングをおろそかにすると腫れだけではなく術後の経過や仕上がりにまで影響する恐れがあるためしっかりとおこないます。

太ももの脂肪吸引を受けるにあたって

ご予約から完成まで〜 太ももの脂肪吸引 〜

太ももの脂肪吸引を受けて頂く際のお申し込みから完成までの流れをご紹介します。

Flow 01ご予約

当院は完全予約制です。診察には事前のご予約をお願い致します。予約をスムーズにするためにクリニック間のオンラインカウンセリングも実施しております。
診察予約はこちら

Flow 02診察・カウンセリング

現在の太ももの状態、皮下脂肪や皮膚の状態など細かく診察し、具体的な治療方法や治療のリスクや問題点、術後の過ごし方などを専門医が詳しくわかりやすくアドバイス致します。
診察時間:40,50分程度

Flow 03各種検査

太ももの脂肪吸引を受けて頂くには血液検査が必要です。カウンセリング当日に受けて頂くこともできますし、改めてご来院いただき検査を受けて頂くことも可能です。
検査結果4、5日程度

Flow 04太ももの脂肪吸引

太ももの脂肪吸引ですが、ポイント法の場合は40、50分程度、全周法の場合は3、4時間かかります。いずれも術後はお休みいただき、その後にご帰宅していただけます。ただし、全周法や広範囲の脂肪吸引をご希望の場合はドレナージをしっかりとするために1泊の入院をお勧めする場合がございます。

Flow 05術後経過観察

術後の経過ですが、3日以降でドレッシング・固定しているものを外していただきます。外し方は簡単ですのでご自身で対応できますし、不安であればご来院していただければこちらで対応致します。縫合した場合の抜糸は1週間後です。

【術後基本通院】
3日後固定除去(任意)
7日後抜糸
1ヶ月経過観察
3ヶ月経過観察(最終チェック)

Flow 06最終チェック

太ももの脂肪吸引を受けられて3ヶ月以降で最終確認をさせていただきます。実際の効果、傷の状態等を確認し問題がなければ一旦終了します。
当院で受けられた顎の脂肪吸引については何かございましたら、無期限でいつでも診察しますのでご安心下さい。

太ももの脂肪吸引の術後の経過

太ももの脂肪吸引の術後の経過についてご紹介します。
太ももの脂肪吸引は吸引量で術後のケアや注意事項は違ってきます。ここでは比較的多い太ももの脂肪吸引の全周法についてご紹介します。
太ももの脂肪吸引の全周法は広範囲に吸引が及ぶため大きな腫れと痛みを生じます。個人差もありますが、吸引量が2,000mlを超す方もお見えになります。大量の脂肪吸引の場合は、1泊の入院を推奨し、翌日までしっかりとドレナージを行ない腫れや内出血の予防に努めます。

術後のドレッシングは太もも全体に圧迫のための包帯を巻き、さらにその上にスポンジ状の圧迫固定をほどこし、しっかりと皮膚との癒着を密なものにした状態に致します。この圧迫は3日に以降に取り外すことができます。ドレッシングを取り外した後は専用の弾性ストッキングを装着し脚全体のスリム化を目指します。

太ももの脂肪吸引の抜糸は7日後です。抜糸後もまだ腫れはありますので、専用の弾性ストッキングは継続して装着していただきます。弾性ストッキングは腫れが続いている間は積極的に装着していただくことが望ましいです。この時より必要に応じてリハビリを推奨することがございます。
腫れや疼痛緩和のためにインディバなどのトリートメントを受けて頂くことも可能です。

経過観察として、太ももの脂肪吸引から1ヶ月、3ヶ月で状態を診させていただきます。3ヶ月の検診は最終チェックです。脂肪吸引の満足度、取り残しや傷跡の状態を診察に問題がなければ太ももの脂肪吸引は終了です。ただし、当院で受けて頂いた脂肪吸引で今後何かしらの問題を生じた場合は無期限にて対応いたしますのでいつでもご相談下さい。

[食事等について]
特に食事等に制限のあるものはございません。
[シャワー・入浴]
圧迫固定中はシャワー・入浴はできません。圧迫除去後からシャワーが可能になります。入浴は抜糸の翌日から可能です。

太ももの脂肪吸引の保証について

太ももの脂肪吸引の仕上がりは確実に保証できるものです。あなたの要望をカウンセリングでお伝えください。私たちはその仕上がりに対し、適切なアドバイスを行ない、治療についての保証もしております。万一、取り残しや左右差など問題や結果への不安・不満等がございましたらその都度対応いたしております。万一、修正等をご希望される場合でも追加費用等の発生はございませんのでご安心下さい。

( 術後の検診について)

脂肪吸引後、抜糸後に一度もご来院されない方も極わずかですが、お見えになります。術後の経過というのは自己判断しないで下さい。傷や仕上がりのラインについて細かくてもかまいません。気になる点はお申し出下さい。私たちは責任ある治療をおこなう以上、患者さんにもきちんとご来院頂くことが、良い結果を出すことにもつながると考えます。

太ももの脂肪吸引におけるリスク

太ももの脂肪吸引は全体的な吸引の「全周法」と、部分的な吸引の「ポイント法」があります。内側だけや外側だけ気になる方はポイント法による脂肪吸引、全体的に細くしたい方は全周法による脂肪吸引行うことになります。太ももの脂肪吸引は大量の皮下脂肪を吸引することができるのですが、吸引量が増えればそれだけ起こりうるリスクも高くなるとお考え下さい。

痛み・苦痛

部分的なポイント吸引であれば強い痛みを感じることはありません。しかし、全周法のように広範囲の脂肪吸引の場合は術後に強い痛みを感じてしまいます。多くの美容外科では痛み止めの内服やテープを使うのですが、こういった対処法というのはどこでも基本的には同じです。しかし、私たちは痛みを止める努力だけではなく、固定・ドレッシングを工夫したり、理学療法士による徒手治療、インディバを用いたケアを複合し、痛みを少しでも発生させないような工夫をしています。

皮膚のたるみ

太ももの脂肪吸引で起こりやすいトラブルが皮膚のたるみです。特にお尻や膝上などに起こりやすいのが特徴です。たるみを引き起こすリスクは吸引量に比例しやすいので、吸引量が多いと想定される場合は特に注意が必要です。そのため脂肪吸引の経験未熟な医師の場合、安易に細くすれば満足できるだろうと太ももの脂肪吸引を行ってしまうと取り返しのつかない結果を引き越してしまいます。慶友形成クリニックでは皮膚のたるみを引き起こさないよう表在性の皮下脂肪を吸引するなど細かなレイヤーメソッドでたるみを作らせない太ももの脂肪吸引をおこなっています。

凹凸、陥没

皮膚の部分的な陥没の原因は表面の皮下脂肪を吸いすぎてしまった場合と、筋肉に近い部分、深い層の吸引をおこなった場合に起こります。特に深い層の吸引の場合は寝ているとわからないんですが、立つと部分的な陥没を起こします。慶友形成クリニックでは部分的な陥没を引き越さないよう深部から中間層を中心に吸引し、たるみを起こさないよう表在層まで層ごとに細かく皮下脂肪を吸引します。

左右差/アンバランス

太ももの脂肪吸引は、左右全く同じ吸引量であったとしても見た目に左右差を引き起こす場合があります。太ももというのは円柱状ですので脂肪の量、ボリュームを吸引するだけでは見た目に左右差を引き起こしてしまいます。また、医者のセンスによっては直線的で不自然なラインに仕上げてしまうこともあるため十分注意が必要です。 慶友形成クリニックでは十分なカウンセリングでどういった仕上がりを望むかを確認し、その仕上がりに応じた形状に整えるようにしています。

腫れ・腫張

太ももの脂肪吸引の腫れは吸引量と比例します。吸引量が多ければ多い程腫れは強く、長期化します。慶友形成クリニックの太ももの脂肪吸引は、術後の腫れを予防するためにさまざまな工夫をこらしています。そのひとつが理学療法士による徒手治療、インディバによる炎症の早期治癒です。また、ドレッシングを含めた固定にもこだわった工夫をこらしています。こういった術後のサポートは吸引量の多い人ほど有効です。

傷跡

脂肪吸引の傷というのはわずか数ミリのものです。そのためすごく目立つものではありませんが、脂肪吸引を受けられた方にとっては気になるものです。特に吸引量の多い太ももの脂肪吸引の場合、吸引カニューレの摩擦による皮膚の炎症・ダメージが強いので傷跡として目立ちやすいのも特徴です。私たちの太ももの脂肪吸引の傷跡は術後の皮膚のトリミングをおこない、丁寧な縫合で傷跡を目立たせないよう工夫をしています。

太ももの脂肪吸引で満足できなかった方へ

他院で太ももの脂肪吸引を受けられて結果に満足できなかった方、凹凸などでお困りの方、修正手術等も行なっていますので諦めずにご相談下さい。修正時期等は状態などによっても違いますが、何かしらの解決法を見出す可能性はあるものです。失敗したからといって諦めるのではなく、なりたい自分、変わりたい自分を目指す意味でも遠慮せずご相談下さい。
慶友形成クリニック神戸ではこれまで多くの修正手術を手掛けた経験から、さまざまな状態に応じた修復手術に対応することができます。

脂肪吸引とメソセラピー

太ももの脂肪吸引を希望される方によく聞かれるのが「メソセラピー」を試してみたいという方も少なくありません。しかし、私たちは太ももの脂肪吸引に変わる治療としてメソセラピーを推奨することはありません。BNSLも同様です。なぜなら部分痩せとしてBNSLに効果はありません。
しかし、フォスファジルコリンを用いたメソセラピーは対応しています。ただし、フォスファジルコリンについても頬の脂肪吸引に取って代わるものではありません。私たちのメソセラピーに対する治療基準は部分痩せではなく、脂肪吸引で対応できない程度の軽微な変化、他院の修正や表面の凹凸の改善に関してメソセラピーを実施しています。
注射で痩せるということに対し、簡単そうなことであり、医師が勧めている治療だからと過度な期待を持たれることは仕方がないことなのかもしれませんが、数十回継続してもそれほど効果を実感して頂くことはできるものではありませ。更に言えば、メソセラピーと太ももの脂肪吸引のダウンタイムを比較しても返って太ももの脂肪吸引のダウンタイムが短くなることも少なくありません。
これらのことから私たちは部分痩せとしてメソセラピーを積極的に推奨することはありません。外科的に吸引し、確実に正確により美しく仕上げることが一番ベストな脂肪吸引です。受ける側の患者さんからすれば注射で簡単にという思いも十分理解できますが、満足度は限りなく低い治療を私たちは推奨することはできません。

太ももの脂肪吸引概略

治療時間 (ポイント法)40、50分程度
(全周法)3時間程度
麻酔方法 ポイント法は局所麻酔で可能です。しかし、3ポイント以上、全周法は基本的には全身麻酔、ラリンゲルマスクによる麻酔を推奨しています。
傷跡 吸引範囲によって違ってきますが、傷跡そのものは数ミリ程度のものです。
腫れ・痛み 痛みについては個人差がありますが、吸引範囲、吸引量によって違います。大きくなればそれに比例して痛みも強くなります。しかし、痛みについては積極的に取り組んでおり、さまざまな方法で痛みを緩和していますのでご安心下さい。
入院 基本不要/全周法は1泊を推奨
通院 基本的な通院は以下の通りです。
術後3日(任意) ドレッシング・圧迫の除去
術後7日 抜糸
術後1ヶ月 経過観察
術後3ヶ月 最終チェック・確認
入浴・シャワー 3日間シャワー・入浴は不可、3日以降シャワーが可能となり、抜糸後は入浴も可能となります。
その他 太ももの脂肪吸引後は以下の内容にご注意下さい。
・腫れとむくみを生じます。脚を高くしてお休みすることを推奨します。
・吸引した部分に一時的な硬さを生じますが、マッサージで軽減します。
・エステ等は治療後3ヶ月以降。
・処方薬は指示通りに服用下さい。

脂肪吸引の料金

太もも(ポイント法)
300,000円
   内側
300,000円
   外側
300,000円
   前側
300,000円
   後側
300,000円
太もも(全周法)
800,000円
全身麻酔
120,000円

※ 別途消費税
※ 標準麻酔(局所麻酔)は含んでいます。

さらに詳しい脂肪吸引の料金についてはこちらをご参照下さい。

脂肪吸引

  1. 脂肪吸引の実際

  2. 太ももの脂肪吸引

    太ももが太い、脚と脚の間に隙間が欲しい、パンツやジーンズをはきたいけれど太ももが太いことが悩みで躊躇してしまったり諦めてしま…

  3. ウエストの脂肪吸引

    腰回りを痩せさせて、スリムな体型になりたい。パンツスタイルをキレイに見せたい。その想いを叶えるのがウエストの脂肪吸引です。ダ…

  4. 二の腕の脂肪吸引

  5. お腹の脂肪吸引

  6. 頬の脂肪吸引

  7. アゴの脂肪吸引

  8. ふくらはぎの脂肪吸引