1. HOME
  2. 各治療法
  3. FACE
  4. 2_ 下まぶた
  5. 下眼瞼切開

FACE

お顔の悩み

2_ 下まぶた

下眼瞼切開

下眼瞼切開

目の下の膨らみやたるみ、影ぐまは老けた印象を与えてしまうだけでなく、疲労顔や幸薄そうな表情を与えてしまいがち。老化、加齢だから仕方ないと諦めている方が多いのですが、目の下の膨らみ、たるみというのはダウンタイムを伴うことなく非常に簡単に解消させることができるのです。
ここではそんな下眼瞼脱脂に対する私たちの取り組み、治療法・こだわりについてご紹介します。

下眼瞼切開

下眼瞼切開とは、目の下のたるんでしまった皮膚を切開・切除することによって、たるみを取り除く目元の若返り治療です。皮膚を切除するためたるみは一気に引き上げられ大幅な若返りを実現することができます。
まつ毛の直下を目の形状を崩さないように切開するため仕上がりは自然で目元の若返り、リフトアップ治療として非常に人気があります。
ただし、下眼瞼切開は皮膚のたるみ、筋肉のたるみを取り除くだけですので目元の皮膚そのものが若返る訳ではありません。あくまでたるみが解消され、見た目としての若返りを実現する治療です。
私たちのクリニックでは下眼瞼切開と併用して線維芽細胞移植術を推奨しています。下眼瞼切開でたるみを解消し、線維芽細胞移植術で肌そのものを直接若返らせることで、見た目の若返りだけではなく、お肌のハリや弾力など肌の本質的な若返りで他では叶えられない目元の若返りを実現します。

こんな方におすすめ

下眼瞼切開はまぶたのたるみを一気に引き上げて解消させることができる方法です。目元のたるみで悩んでいる方に非常にお勧めの治療法です。

  • 目の下の皮膚のたるみを解消したい方
  • たるみ・膨らみを解消したい方
  • 目元のシワを改善したい方
  • 疲労顔を治したい方  など
  • 目元の老けを解消したい方
  • 目の下のクマを根本的に解消したい方
  • 注入などの一時的な治療ではなく根本的な解決を望む方

下眼瞼切開のメリット・デメリット

下眼瞼切開は皮膚、眼輪筋などたるんでしまった組織を切除して取り除きますので効果には十分満足することができる治療です。しかし、皮膚を切開するためいくつかのデメリットも生じます。ここでは下眼瞼切開のメリット、デメリットについてご案内します。

瞼脱脂のメリット

  • 自然に目元の若返りができる
  • 確実な効果が期待できる
  • 傷が残らない
  • ほとんど腫れないのでダウンタイムが短い
  • 治療直後に効果を実感できる
  • 治療時間が短い
  • レーザーによる治療なので安心
  • 目元が若返るので顔全体が明るく見える

瞼脱脂のデメリット

  • 皮膚そのもののたるみは改善できない
  • 過剰な除去は凹みを引き起こすため高度な技術と経験が必要
  • シワの出現のリスクがある

このように下眼瞼切開にはメリットとデメリットが存在します。しかし、デメリットがあってもそれ以上に得られる見た目の美しさや若返ったことによる自信と生活の豊かさへのプラスの部分を考えると下眼瞼切開は決して悪い治療ではありません。
私たちは高い技術と整った術後サポートでデメリットを最小限に止める努力は常に行っています。どうぞ安心してご相談下さい。

下眼瞼脱脂の実際

ここでは私たちの下眼瞼脱脂の実際の方法についてご案内します。

OPERATION1仕上がりについて再確認

隆鼻術は技術的に決して難易度の高い治療ではありません。隆鼻術で問題になるのはあなたの望んでいる仕上がりになるかということ。どう言ったプロテーゼを使うのか、形はどうすべきなのか、それらを正確に把握する必要があります。そうでなければ隆鼻術は問題なく終了しても仕上がりに満足することはできません。
私たちは細かく仕上がりの形状を確認し、術後のイメージを共有したことを確認してから隆鼻術を行います。

OPERATION2デザイン

手術室に移動していただきます。そうして隆鼻術の手術が始まりますが、最初に行うことはまずは細かなデザインです。鼻の中心に印をつけ、全体的なライン等を細かく描きます。鼻に細いマーカーで描くのでチクチクした感じが少し続きます。痛みではありませんのでご安心下さい。

OPERATION3局所麻酔

デザインを描き終えたらいよいよ局所麻酔の注射を行います。隆鼻術で痛みを感じるのはこの局所麻酔です。麻酔が効いてしまえば痛みを感じる心配はありません。その際に鼻に綿球をつめ口腔内に薬剤や血液が流入するのを防ぎます。
麻酔は注射ですの痛みを感じますが、細い針を使用していますし、麻酔を浸透させる速度を調整することで痛みを大幅に緩和して麻酔を行います。

OPERATION4アプローチ

隆鼻術は鼻の穴(基本的には右側)から治療します。プロテーゼの挿入口を作成するために切開を加えます。そうしてさらに深くの骨膜部分まで進み、プロテーゼの通り道を作成します。

OPERATION5留置場所(ポケット)の作成

シリコンを留置させるポケットを作成します。私たちは骨の直上、骨膜下に留置する手法ですので骨膜を丁寧に剥がします。このポケットの大きさ、丁寧さが術後の経過、将来的な皮膚への負担の影響を及ぼす可能性があるため丁寧に作成します。

OPERATION6シリコン挿入

事前に作成したその方のシリコンプロテーゼを挿入します。
微調整等を行いフィットさせます。この状態がほぼ仕上がりの状態です。
ベットが挙上し座った状態になりますので鏡で高さや形状を確認していただきます。希望に応じ微調整します。

OPERATION7縫合・術後処置

希望している仕上がりになっていることを確認し鼻の穴の切開部を縫合し隆鼻術を終了します。鼻につめた綿球を除去します、。
その後はプロテーゼのズレを予防する目的、腫れひ広がりを抑える目的で鼻にテーピングを行います。テーピングは基本的には1週間しっかりと行います。抜糸の際にテーピングを除去します。
その後は別室に移動していただき少し安静にしていただき、その後ご帰宅していただけます。

慶友形成クリニックの隆鼻術

下眼瞼切開が仕上がるまでの流れ

目の下のたるみが解消する、下眼瞼切開が仕上がるまでの全体の流れについてご案内します。

FLOW0診察・カウンセリング

まず初めに行うのはカウンセリングです。専門医による診察を受けていただき、あなたの目の下のたるみの状態を診察し、あなたの仕上がりに対するご要望をお伺いします。その上で下眼瞼切開の適応等を判断し具体的な治療法などをご案内致します。カウンセリングでは最初にお顔の写真を撮影し、あなた自身のお写真を使って具体的に説明します。
カウンセリングのお時間は概ね30、40分程度とお考え下さい。

FLOW1各種検査

下眼瞼切開は皮膚を切開・切除する手術です。手術を受けて頂くには事前の血液検査が必須です。
血液検査はカウンセリング当日に受けて頂くこともできますし、後日改めてご来院いただき血液検査を受けて頂くことも可能です。また、ご遠方の方などは採血項目をお渡ししますのでお近くの医療機関で検査を受けていただき、事前に送付もしくはメールで送っていただき、当日に原本をお持ちいただくことでも対応しています。
お気軽にご相談下さい。

FLOW2埋没法の治療

下眼瞼切開の治療です。治療当日はそのまますぐに手術室に移動するのではなく、まずは診察室で最終的な仕上がり等を確認します。その後に手術室に入室していただきます。
下眼瞼切開の治療時間は概ね120〜150分程度と少し長めの治療です。
詳しい下眼瞼切開の方法はこちらをご参考ください。

FLOW3術後の状態・経過

術直後に鏡で仕上がりの状態を確認していただきます。腫れや内出血を少しでも抑えるために肌色のテープで軽く圧迫します。その後、別室に移動していただきクーリングと止血を兼ね少しお休み頂き、止血状態等を確認し問題がないことを確認し、ご帰宅していただきます。

FLOW4術後検診・最終チェック

術後の最終チェックは10日以降で確認します。傷の状態、二重まぶたの仕上がりを確認し、問題がなければ埋没法は終了です。

FLOW5保証について

埋没法のライン保証は治療翌日より1年です。その間にライン消失してしまった場合は無償で再度埋没法を受けて頂けます。ただし、保証期間終了後に何かしら当院で受けた埋没法で問題を引き起こすようなことがありましたらそれはライン消失の保証とは異なりますので期限を設けず対応しております。
保証期間というのはあくまでライン消失の期間であり、他に何かしらの問題を引き起こした場合は無期限で対応していますのでご安心下さい。

下眼瞼切開の料金

下眼瞼切開の料金についてご案内します。当院では治療費用に標準麻酔、内服や術後の検診費用等が含まれています。

下眼瞼切開(皮膚のみ)300,000

下眼瞼切開(脱脂含む)400,000

下眼瞼切開(脂肪固定)450,000

別途消費税

料金表

下眼瞼切開のリスクと問題点

下眼瞼切開は皮膚を切開することからいくつかのリスクや問題点が存在します。ここではそんな下眼瞼切開のリスクや問題点、私たちの解決法や予防・対策についてご案内します。

埋没法に関する基礎知識

知っておいて欲しい埋没法のこと、埋没法に関する基礎知識についてご紹介します。

BASIC糸の太さは細い方が良いは大きな間違い!

埋没法で使用する糸は細い方が良いという錯覚を思える方が少なくありません。もちろん、糸が細くなれば細くなるほど痛みが少なく、腫れも少ないと考えるのが一般的でしょう。しかし、実際の埋没法というのは麻酔を行なっています。麻酔が効いている状態では糸の太さが痛みに影響する可能性はありません。
腫れについても同じです。もともと極太の糸を使うことはほとんどありません。ですので極細の糸だから腫れが少ないということも大きな間違いなのです。
実は細い糸を使うということはデメリットでしかないことを知っておいて下さい。糸の強さは太さに影響します。太ければ切れにくいことは誰でも想像できるでしょう。糸が切れてしまえば、埋没法のライン消失の確率は高くなるのは当然のこと。また、埋没法は糸で瞼板と皮膚と癒着させる方法です。瞼板と皮膚の間にある組織、瞼板前組織というのは結合組織が多く、非常に柔らかいのです。柔らかい組織に糸を引っ掛けているだけですので糸が細ければ細いほどこちらもライン消失のリスクが高くなってしまうのです。厳密に言えば、私たちの埋没法は糸で支えるというよりも糸の結び目を少し大きくすることでライン消失のリスクを少なくするなどの工夫を凝らしていますが、極端に細い糸を使うとライン消失のリスクにしかならないということを知っておきましょう。

BASIC固定する数が多ければ取れにくい?

埋没法の固定数ですが、2点、4点、5点、6点などさまざまな固定方法があると思います。実際、固定ポイントが多ければ本当にライン消失のリスクは低くなるのでしょうか?
実は固定数が増やせば増やすほどライン消失のリスクが高くなるかという明確なデータはありません。あくまで取れにくいだろうという感覚的な問題です。経験上4点固定で十分であり、それ以上の固定に意味はないと考えている美容外科医が圧倒的に多いのが現実です。
また、固定箇所が増えることによる弊害の方が大きいため5点固定以上の埋没法はあまりお勧めしません。5点以上の固定が必要になるような目元の場合、本来、埋没法が向いていないタイプの可能性が高く、仕上がりも不自然になるだけでなく、腫れの長期化や眼瞼下垂を引き起こすリスクが高くなるということを知っておく必要があります。

下眼瞼切開は神戸だけではなく、東京でも受けて頂くことが可能です。
慶友形成クリニック(東京本院)の下眼瞼切開の詳細