ヒアルロン酸注射

年々、深くなるシワ。目立つほうれい線やマリオネットライン。これらはいずれも加齢による顔のたるみでできてしまう肌の老化症状の一つ。老いは仕方ないとわかっていても見た目だけは若くしたいと考えるのは誰でも同じこと。美容外科の手術は怖いし抵抗があるけれどメイク感覚でシワやたるみが解消できたら…

そのような悩み、想いを叶えることができるのが「ヒアルロン酸注射」です。ヒアルロン酸注射でシワやたるみの悩みを解消し、いつまでも美しさと輝きを解き放つ美しさを手にしませんか。

ヒアルロン酸射とは

ヒアルロン酸注射とは、皮下もしくはさらに深い層の組織にヒアルロン酸を直接注射することによって、皮膚の凹みを膨らませたり、たるみによって生じた段差を埋めることで見た目の若返りを叶える治療、スキンケアの一つの手法です。
シワによって深く刻まれてしまった溝や、ほうれい線などのたるみによって作られる段差というのは影として強調されるため、ヒアルロン酸注射によって平にすることでその影が消失し、肌に輝きを取り戻すことができるのです。

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸

そもそもヒアルロン酸というのは、体の中にある物質で皮膚や関節などに多く存在しています。皮膚などの結合組織内においては非常に高い水分保持能力があるため、ヒアルロン酸が豊富にあると、それだけ水分を取り込みやすく、強い弾力を保持してくれるため肌にとっては非常に大切な物質の一つです。
美容で用いるヒアルロン酸製剤は培養技術を使って化学合成したもので、架橋矯正の構造をさまざま変化させることで、ヒアルロン酸そのものの硬さや吸収期間が違います。製品の素性で使用する場所や、注入の深さを調整することでさまざまな症状を改善できるので非常に安全で有意義な治療がおこなえます。

ヒアルロン酸注射の効果・できること

ヒアルロン酸注射でできること。それは皮下に直接注射することで、凹みを平にしたり、膨らみを出すことで見た目の変化、立体的な変化を与えることができます。また、立体的な変化以外にも水光注射のように皮膚の浅い層(真皮層)に注射することで、肌の弾力効果・作用としても非常に高い効果を得ることができるのが最近のヒアルロン酸注射の効果の一つでもあります。

ヒアルロン酸注射

(ヒアルロン酸注射でできること)
  • シワ取り
  • 目の下の凹みを改善
  • 鼻を高くする
  • 唇を厚くする
  • ほうれい線の改善
  • 頬の高さを調整
  • アゴの形を整える
  • 涙袋を作る
  • マリオネットラインの改善
  • おでこの形を変える
  • こめかみの凹みを解消する
  • 胸を大きくする など

このようにヒアルロン酸注射には、シワを消すなどのアンチエイジングだけではなく、顔の部分的な形を変えたり、肌にハリや弾力を作るなどさまざまな症状を改善させることができる非常に優れた治療法の一つです。

ヒアルロン酸注射の特徴

  • 治療直後・注入直後に効果を実感できる
  • 皮膚を傷つけない・傷跡を残さない
  • 腫れや痛みなどダウンタイムがない
  • 注射するだけなので治療時間が短い
  • 非常に安全性の高い治療の一つ
  • 仕上がりが非常に自然で美しい

ヒアルロン酸注射の効果の持続

CONTINUATION

ヒアルロン酸注射の効果の持続期間・吸収についてのご説明をいたします。

ヒアルロン酸注射における効果の持続期間についてお話しします。
ただ、その前に知っておいて欲しいのは、

「ヒアルロン酸注射の吸収期間」=「ヒアルロン酸の効果の持続期間」

ではないということです。
ヒアルロン酸注射を受けて皮下に残っているヒアルロン酸ですが、普通の経過で1.5〜2年程度ですべて吸収されて無くなってしまいます。しかし、効果の持続というのは全く違うのです。
注入されたヒアルロン酸は注入直後から少しずつ分解・吸収が始まります。ある日突然吸収してしまう訳ではないのです。毎日少しずつ吸収されるのですが、半分程度吸収されてもあまり気にしない方も多いことを考えると効果については1年以上、持続すると考えて良いと思います。

ヒアルロン酸注射の副作用

SIDE EFFECT

ヒアルロン酸注射の副作用・リスク・問題点についてご説明します。

ヒアルロン酸注射の副作用というのは基本的にはないと考えていただいて構いません。もちろん薬剤に対するアレルギー反応も完全には否定できませんが、一般的にはありません。ただし、可能性としてあるのは過剰な注入や欠陥の損傷によって生じる血流障害によるトラブルです。
また、注入層のミスによるミミズ腫れのトラブルや過剰な投与・注入による不自然な仕上がりというのは副作用ではなく技術的なミスです。

想定される副作用

ヒアルロン酸注射で想定される副作用ですが、薬剤のアレルギー、血管損傷・障害による血流不良、注入部の痛み等があります。しかし、ヒアルロン酸製剤そのものはアレルギー反応の極めて低いものですし、一般的にもアレルギー検査を要しない薬剤ですので心配はないと思います。
注入部の痛みついては時間の経過によって改善するものですので副作用と呼べるものではないでしょう。

リスクと問題点

ヒアルロン酸注射のリスクと問題点ですが、薬剤そのものの異物反応、アレルギー反応を想定するのではなく、ほとんど全てのケースで問題となるのは技術的な問題、ヒアルロン酸注射後の対応の問題です。多くの場合、過剰なヒアルロン酸注入によって引き起こす問題です。

注射痕

ヒアルロン酸注射はヒアルロン酸を注射で皮下などに注入しますので当然、注射痕は残ります。しかし、数時間で消失しますのでご安心ください。また、メイクで隠すこともできます。

腫れ・内出血

目元など皮膚の薄い層などは比較的内出血を起こしやすい傾向にあります。ほうれい線やマリオネットラインなどは注入する層も比較的深い層ですのであまり内出血を起こすことはありません。
腫れはごく稀に起こす方がお見えになりますが、数時間、翌日には解消します。

血管の損傷・障害

過剰なヒアルロン酸注射によって、血管が狭窄してしまい血流を遮断してしまったり、太い血管を傷つけたり、血管内に混入してしまうと血流が一気に止まってしまうため痛みや冷感などを引き起こすことがあります。

過剰な注入による皮膚・組織の壊死

ヒアルロン酸注射で一番引き起こしてはいけないトラブルです。ほとんどのケースで注入してはいけない部分に注入していたり、過剰と言えるほどのヒアルロン酸を注入したことで血流が完全に遮断され周辺組織の皮膚が壊死した状態です。

ヒアルロン酸注射の問題というのはほとんど全てのケースにおいてヒアルロン酸注射を行った医師側に問題があります。大切なのは何かしらの異常を引き起こした場合、1分1秒が予後を左右することもあるのです。命に関わることがなくても皮膚に大きなダメージを引き起こしかねません。
当院でヒアルロン酸注射を受けていただいた方には速やかに対処するよう医療システムを構築していますので安心してヒアルロン酸注射を受けて頂けます。

慶友形成クリニック神戸のヒアルロン酸注射

安全な製品だけを使い高い技術でより自然な美しさをお約束します。

当院で使用しているヒアルロン酸製剤はアラガン社のジュビダームシリーズだけを使用しています。また、水光注射や目の周囲へのヒアルロン酸注射はレスチレンシリーズを使用しています。ジュビダームシリーズは厚生労働省が承認した極めて安全性の高いヒアルロン酸製剤ですし、レスチレンシリーズは一部の製剤で承認されていることから、製剤の安全性は十分担保されています。

私たちの特徴とこだわり

FEATURES

慶友形成クリニックのヒアルロン酸注射の特徴をご紹介します。

・自然な美しさを叶える技術

ヒアルロン酸注射は簡単そうに思えますが、実際には高い技術力が要求されます。それは経験に基づくものであると考えています。美しく変わりたいというあなたの想いを真摯に受け止めどういった治療法が適しているのか、どの程度のヒアルロン酸量が適正であるかをより正確に判断し、しっかりとアドバイスしています。

・より高い満足のために

ヒアルロン酸注射の満足度というのはヒアルロン酸注射を受けたあなた自身が感じることです。治療を提供する私たち医師が感じるものではありません。そのため治療中は鏡で状態を確認し、希望する仕上がり形状に整うよう細かな要望をお聞きし、その結果になるよう整えています。
もちろん、安全を重視することは当然ですので過剰な治療については適宜お話しし、あなたの望む美しさを叶えるよう仕上げています。

・最小限の苦痛に抑える技術

ヒアルロン酸注射は注射処置です。針を刺して治療しますので注入時に痛みを伴うことがあります。注射の痛みというのは、針を刺したときの穿刺痛、ヒアルロン酸が注入される際の注入痛の両方を感じます。そのため最小限の小さい針を使用することはもちろん、注入時の痛みを抑えるようゆっくりと丁寧な注入を実践しています。また、麻酔クリーム等も積極的に行うだけでなく、希望に応じ吸入麻酔などのリラックス麻酔を併用し、苦痛を伴わないヒアルロン酸注射をおこなっています。

・何より安全性を重視

当院で使用しているヒアルロン酸製剤はジュビダーム・シリーズ(アラガン社)、レスチレン(ガルデルマ社・Q-Med社)だけを扱っています。さらに安全性というのは使用するヒアルロン酸製剤だけの問題ではありません。製品の品質管理についてもメーカーから指示されている安全管理を徹底しています。開封後の製品の取り置きなどは感染、衛生面から考えても危険なのでおこなっておりません。
また、注入する場所についても重要です。眉間周囲や鼻翼基部周囲には大切な血管があります。その部分の血管を損傷してしまうと取り返しのつかない結果を導く可能性があります。それを十分考慮し安全なヒアルロン酸注射をおこなっています。

ニードル(針)の工夫

ヒアルロン酸注射で使用する針は製品付属の針だけではなく、先の丸いマジックニードルを扱う場合もあります。マジックニードルは先端が鋭利ではなく鈍的なものですので穿刺による血管の損傷を引き起こさないメリットがあります。しかし、注入部位によっては通常の針でなければ難しいこともありますので状態や希望する部位に応じて使用する針を変更し適切なヒアルロン酸注射を行っています。

継続治療について

ヒアルロン酸注射は時間の経過で吸収される治療法です。そのためヒアルロン酸が吸収され、その方の症状が元に戻ったら改めてヒアルロン酸を注入する必要がございます。

継続のタイミング

ヒアルロン酸の継続注入のタイミングですが、どういった期間で継続注入するのが望ましいかというと吸収期間によって違ってきます。継続注入のタイミングはその方の考え方に合わせることが望ましいです。それは完全に吸収される1.5年以上を過ぎてから注入される方もお見えになりますし、1年を過ぎてまだ最初に注入したヒアルロン酸が一定量残っている状態でヒアルロン酸を注入するというパターンです。前者の場合は初回と同様のヒアルロン酸量を注入する必要がありますが、後者の場合、ヒアルロン酸が残っている状態での追加注入になりますので初回注入と比べると使用量が少なく済みます。そのため他の部位への注入へと広げるというのもよろしいかと思います。このようにヒアルロン酸の追加・継続注射というのはその方の希望に応じて対応することが望ましいのです。

ずっと続けて大丈夫?

ヒアルロン酸注射ですが、繰り返し注入することに何かしら不都合が生じるといったことはありません。しかし、注入することが問題なのではなく別の問題が発生します。
それはヒアルロン酸注射の場合、注入してその時は満足できたとしても毎日鏡を見ていると見慣れてしまうことです。見慣れると人はもっと、もっとと欲求が生まれ過剰な変化を求める傾向にあります。
これはヒアルロン酸注射に限ったことではありませんが、元の状態を忘れてしまうということはよくあることなのです。
ヒアルロン酸注射で危険なのは継続することが問題なのではなく、過剰は変化が問題なのです。もちろん必要な範囲での補正、表現には対応しますが、皮膚の状態や不形成の状態などの場合はヒアルロン酸注入をお勧めしないこともあります。

また、ほうれい線やマリオネットラインではなく、鼻や顎の形、こめかみの凹みの補正などの場合、一定の回数を継続する場合はヒアルロン酸注射ではなく、シリコンプロテーゼなど根本的な治療を受けて頂いた方が費用の面においてもよろしいかと思います。

治療の流れ

FLOW

ヒアルロン酸注射の治療の流れをご紹介します。

Flow-1カウンセリング

専門医がシワ、たるみの状態を診察し、ヒアルロン酸の治療適応、実際に使用するヒアルロン酸量をご提案します。ご要望に応じてカウンセリング当日の注入にも対応しています。

Flow-2麻酔クリーム

希望する範囲に麻酔クリーム、もしくは麻酔シールを貼って表面麻酔をおこないます。麻酔のお時間は45〜60分程度を推奨しています。

Flow-3ヒアルロン酸注入

ご希望の部位にヒアルロン酸を注射します。注入時間は部位、量によって変わってきますが、概ね10分程度とお考え下さい。治療後は少しお休みいただいてからメイクをしてご帰宅して頂けます。

Flow-4術後検診

初めてのヒアルロン酸の場合、注入後1週間以降で経過観察のために一度状態を診させていただきます。2回目以降のヒアルロン酸注射の検診は基本は推奨していますが、ご要望に応じて対応します。

ヒアルロン酸注射は、ご要望に応じてカウンセリング当日に治療を受けていただくことも可能です。当院では麻酔クリームの使用を推奨しています。そのため注入当日は麻酔クリームの時間として60分程度かかりますのでご予約の際はご注意下さい。

料金・費用

PRICE

ヒアルロン酸注射の値段をご案内します。

ジュビダーム・ヴォルベラXC
1ml80,000
ジュビダーム・ボリフトXC
1ml80,000
ジュビダーム・ボリューマXC
1ml80,000

※ 別途、消費税

※ 標準麻酔(麻酔クリーム・シール)含む

さまざまな疑問・質問

Q&A

ヒアルロン酸注射に関する疑問・質問にお答えします。

ヒアルロン酸注射って痛くありませんか?

ヒアルロン酸注射は非常に細い針を使って注射します。また、麻酔クリームなどを使い表面から麻酔を施しますので激しい痛みを感じることはありません。
ヒアルロン酸を注射した後に痛みを感じることはありません。あくまで注入時だけの痛みとお考えください。
ご希望に応じて当院では吸入麻酔等も併用して頂くことが可能です。お気軽にご相談ください。

ヒアルロン酸注射の効果はどれくらい続くのですか。また、継続的にヒアルロン酸注射を受けるのならどれくらいの周期で受ければ良いのでしょうか?

ヒアルロン酸注射の効果についてですが、概ね1年から1.5年程度とお考えください。注射したヒアルロン酸は2年程度で吸収されるのですが、ヒアルロン酸というのは、ある日突然にして吸収されるのではなく、注入直後から少しずつ分解・吸収されていきますので、実際に完全に吸収されるのと効果には差を生じてしまいます。
継続的なヒアルロン酸注射については期間で考えるのではなく、ご自身が効果が薄れてきたなと感じ始めたら注入するということが望ましいでしょう。

使用しているヒアルロン酸製剤の種類を教えて下さい。できればその製品を利用している理由とメリットも知りたいです。

基本的に使っているヒアルロン酸製剤はアラガン社のジュビダーム・シリーズです。ただし、水光注射として皮膚の浅い部分に入れるヒアルロン酸についてはレスチレン・シリーズを利用しています。アラガン社のジュビダーム・シリーズは皆さんご存知の通り、厚生労働省で認可された製品で安全性に優れています。選択した理由は安全性が高いということ。同じブランドでも数種類の製品があり、用途や場所、皮膚の状態によって使い分けができるため採用しています。
ただし、水光注射で利用するヒアルロン酸製剤についてはジュビダーム・シリーズの利用はできないためQ―Med社のレスチレン・シリーズを利用しています。レスチレンシリーズは日本ではガルデルマ社がレスチレン・シリーズとして承認されているものでこちらも安全性に優れていることから採用しています。

ヒアルロン酸注射で使用する針について教えて下さい。

ヒアルロン酸注射で使用している針には幾つかの種類があり、肌の状態、注入場所、その層などに応じて使い分けています。30Gの注射針、ナノニードル、マジックニードルなどを使い分けています。勘違いして欲しくないのは特定の注射針が優れている訳ではないということ。
それぞれの注射針には特徴があり、状況や状態に応じて使い分けるということがヒアルロン酸注射において必要なことであり、大切であるとお考え下さい。

Q:数カ月前に他の病院でヒアルロン酸注射しましたが、そちらでも注射できますか。

数ヶ月前ですと効果はまだ残っている状態です。追加注入ですと、前に受けられた医療機関でのヒアルロン酸製剤を確認していただき、その種類によっては当院でも継続的なヒアルロン酸注射を受けて頂くことは可能です。
ただし、種類によってはお断りさせて頂く場合もございます。

Q:注射した後は腫れますか、メイクはできますか。

腫れというのはほとんど起こしません。注入後からメイクをして頂けます。

Q:昼休みに行きたいのですが、すぐにヒアルロン酸注射できますか?

初めてのヒアルロン酸注入ですとカウンセリングが必要ですし、注入前に麻酔クリームもしくは麻酔シールを貼って表面麻酔を行いますので昼休みのお時間では難しいと思います。2回目以降であれば、麻酔クリームを使用しないもしくは、事前にお渡ししてご来院いただければお昼休みでもヒアルロン酸注射は可能です。

Q:ヒアルロン酸注射は注入したあと何かトラブルが出ることがありますか。

ヒアルロン酸注射の治療後に起こる問題ですが、基本的には特に引き起こすようなことはないと考えて頂いて構いません。基本的には局所的に注射をするだけですので内出血等は起こり得ますが、トラブルという問題はご心配要りません。
ただし、血流障害を引き起こした場合は非常に厄介です。万一、血流障害を引き起こした場合、早急な対応が必要となります。
その対処法や対策についてはカウンセリングの際に症状等詳しくご説明させて頂いておりますし、当院ではヒアルロン酸注入後のオンコール体制も整っていますので安心してヒアルロン酸注射を受けて頂くことができます。

プチ整形

  1. コラーゲン注射

    肌の老化を始めに感じる場所、それは目の下、目元。肌のハリ感、弾力、みずみずしさが失われた目元という…

  2. ボトックス

    眉間のシワ、目尻のシワが年々深く刻まれる。顔の表情筋によって作られるシワはボトックスで解消させることができます。しかし、ボトックス…

  3. エラボトックス

    今よりももっと小顔にしたい。エラが張っているのが嫌で何とかしたい。本来はエラ削り(骨切り)が適応か…

  4. 水光注射

    肌のハリ・弾力・潤いが衰え始めたと感じていませんか。肌がしぼみ始めちりめんジワが出てきたりメイクを…

  5. ヒアルロン酸注射

    年々、深くなるシワ。目立つほうれい線やマリオネットライン。これらはいずれも加齢による顔のたるみでで…