ヒアルロン酸注射

注射だけで手に入る美しさ

ほうれい線を解消したい、シワを消したい、若くなりたい、キレイになりたいという思いは強いけど手術には抵抗がある。そんな方にお勧めするのが、注射でできる美容整形「ヒアルロン酸注射」です。
注射だけの治療ですので仕事などへの影響もなく、誰でも気軽に手軽に受けて頂けるプチ整形の代表的な治療です。ここではそんな「ヒアルロン酸注射」をご紹介します。

ヒアルロン酸注射とは

ヒアルロン酸注射とは、ほうれい線やマリオネットラインなどたるみによって生じた皮膚の凹み、凹凸の凹み部分にヒアルロン酸というお薬を注射して、ヒアルロン酸そのものを留置させることで、凹みを膨らませて平にすることで見た目に若返った印象を与える美容整形、プチ整形の一つです。
ヒアルロン酸注射は若返りだけではありません。部分的に継ぎ足すことで形まで変えることができるので、鼻を高くしたり、顎を出したりする美容整形としても用いられています。

ヒアルロン酸注射

慶友形成クリニック戸のヒアルロン酸注射

注射で手に入れる美しさ「ヒアルロン酸注射」
たるみ、シワを自然な状態で消し去る技術!!

ヒアルロン酸注射は技術一つでさまざまな効果を導き出すことはもちろん、その効果の持続と安全性にも大きな差を生むと考えています。そのため私たち慶友形成クリニック神戸ではヒアルロン酸注射に対しさまざまな手法でより高い効果とヒアルロン酸注射への満足度を高めています。

ヒアルロン酸注射
高い満足度への取り組み

ヒアルロン酸注射は手軽さばかりが重視されていますが、ヒアルロン酸注射で一番重要なのは仕上がりに対する満足度です。せっかくヒアルロン酸注射を受けても「思った仕上がりじゃなかった」そんな結果ではなんの意味もありません。私たちは全ての方に十分満足していただけるよう、要望をお伺いし、その仕上がりになったことを鏡で確認しながら治療しますので結果には十分満足して頂けます。

安全性に対する取り組み

ヒアルロン酸注射は安全です。しかし、それは正常な経過で行われた場合であって、ヒアルロン酸による重篤な障害を伴ってしまったというケースは現実に存在します。手軽さが故に引き起こしがちなトラブルですが、私たちはさまざまなトラブルを引き起こさないよう、また、何かしらの状態に陥っても速やかな対処でトラブルとならないようなヒアルロン酸注射を行っています。

苦痛の少ないヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射は、注射です。針を刺す以上は痛みを感じるのは当然のこと。しかし、その痛みに対する不安や苦痛は誰でも抱くものでしょう。私たちはヒアルロン酸注射の痛みを極力感じさせないよう麻酔クリームやシールで苦痛の緩和を行っています。ただ市販の麻酔クリームを使用するのではなく、麻酔クリームの処方内容にこだわりより高い麻酔効果を発揮できるよう工夫を凝らしています。

使用するヒアルロン酸製剤の安全性

ヒアルロン酸製剤には国内承認のメーカーから、未承認のヒアルロン酸までさまざまな種類があります。当院では水光注射を除いて全て承認された安全なヒアルロン酸製剤を使用しています。また水光注射で使用するヒアルロン酸製剤も国内の承認メーカーの製造製品ですの安全性については何ら心配ありません。

ヒアルロン酸注射でできること

  • 鼻を高くする
  • アゴを出す
  • 顎先をVラインにする
  • 頬を高くする
  • おでこを丸くする
  • シワを消す
  • ほうれい線を解消する
  • マリオネットラインを解消する
  • 目の下のクマを解消する
  • 頬のたるみを解消する

ヒアルロン酸注射の流れ

〜カウンセリングから完成まで〜
Step-1カウンセリング

診察でまずあなたのお悩み、どういった仕上がりを希望するのかということを確認します。そうしてお顔の状態、肌の状態を診察し、具体的な治療プランをご提案致します。ヒアルロン酸注射を受けるか否かはその上でご検討いただければかまいません。

Step-2痛みの緩和

ヒアルロン酸注射は肌に直接注射を打ちます。そのため痛みに敏感な方ですと強い苦痛を感じてしまいます。そのためヒアルロン酸注射の前に麻酔クリームもしくは麻酔テープで注射する部分の麻酔を事前に行います。麻酔によって注射の痛みは大幅に緩和することができます。

Step-3ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射を実施していきます。注射そのものは範囲や量によっても違いますが、概ね10分程度で終了します。実際に鏡を見ながら注射しますので、希望を直接伺いながら十分満足のいく仕上がりまで整えることが可能です。自分の要望を遠慮なくおっしゃって頂いてかまいません。

Step-4経過観察

ヒアルロン酸注射を受けて頂いて1週間以降で一度状態を確認させていただきます。問題がなければ終了です。継続的なヒアルロン酸注射は効果が少なくなってきたとお感じになられましたらいつでもヒアルロン酸注射は可能です。

ヒアルロン酸注射の通院回数

ヒアルロン酸注射の通院回数ですが、ヒアルロン酸注射は事前の血液検査等は不要ですので、ご希望があれば当日に注射まで対応致します。ですので、当日にヒアルロン酸注射の治療まで実施された場合の通院は、注入後の経過観察を含め2回の通院を推奨しています。

ヒアルロン酸注射の注意事項

[ ヒアルロン酸注射後の過ごし方や注意点についてご紹介します ]

ヒアルロン酸注射はほとんど腫れを生じることはありません。注射直後の状態が仕上がりの状態です。翌日に軽い浮腫が出る可能性はありますが、それでも不自然になるようなことではありません。
ヒアルロン酸注射後は注入部位のマッサージは控えて下さい。注射後の痛みはほとんどありません。

[メイクについて]

特に制限はありません。注入後からメイクをしてご帰宅して頂けます。

[洗顔・洗髪について]

特に制限や注意点はありません。普段通りの対応で問題ないです。

ヒアルロン酸注射が向いている人・向いていない人

[ ヒアルロン酸注射は基本的にはどなたでも受けて頂くことが可能です ]

ヒアルロン酸注射は基本的にはどなたでも受けて頂くことが可能な治療法です。しかし、中にはヒアルロン酸が向いていない、適していない方もお見えになります。それは注入部の血流・血管などに影響を及ぼすことで何らかの障害を伴う可能性のある方、鼻の整形においては一定の高さは調整できますが、ヒアルロン酸の性質状、横に広がってしまうこともあるため過度に鼻の高さを矯正したい方などはヒアルロン酸注射には向いていません。また、鼻の高さや顎の形状を永久的に求める場合は、一時的にヒアルロン酸注射は良いですが、できれば隆鼻術など鼻の根本的な整形が良い場合もございます。

[ ヒアルロン酸注射が向いている人 ]

  • ほうれい線を解消したい方
  • シワを改善したい方
  • 外科手術を望まない
  • 手術の前にとりあえず自分のイメージを考えたい方 など

[ ヒアルロン酸注射が向いていない人 ]

  • 永久的な効果を求める方
  • 重度の糖尿病などで血管障害を持っている方
  • 鼻の形など細かな形状を求める方 など
ヒアルロン酸注射の禁忌

妊婦さんや授乳中の方はヒアルロン酸注射は禁忌です。
また、何かしら疾患を持っている方なども状態や疾患の種類によってはヒアルロン酸注射を受けられない場合やかかりつけの主治医の許可が必要な場合もございます。

ヒアルロン酸注射のリスクと問題点

[ 起こりうるリスクは知っておいてほしい。でもそのリスクをZEROにするのが私たちの役割です ]

ミミズ腫れ

ヒアルロン酸注射は浅い層に注入してしまうと、注入したヒアルロン酸が水分を取り込むことによって皮膚がミミズ腫れのような症状を呈することがあります。この場合、ヒアルロン酸分解酵素を用いてヒアルロン酸を分解する処置が必要です。

不自然な盛り上がり

過剰な注入によって生じるトラブルです。この場合もヒアルロン酸分解酵素を使って少しだけヒアルロン酸を分解させることで膨らみを解消させる必要があります。

皮膚への障害

実は頻度としては決して多くはありませんが、ヒアルロン酸注射によって生じる皮膚の壊死というのは一番重篤なリスクです。これは血管内にヒアルロン酸が入ってしまったり、過度の注入によって血流を遮断してしまうことで引き起こしてしまうトラブルです。専門的な治療が必要になります。当院の場合、速やかに対処することができますのでご安心下さい。

ヒアルロン酸注射に関する疑問・質問

ヒアルロン酸注射の疑問にお答えします。
ヒアルロン酸注射って痛くありませんか?

ヒアルロン酸注射は非常に細い針を使って注射します。また、麻酔クリームなどを使い表面から麻酔を施しますので激しい痛みを感じることはありません。
ヒアルロン酸を注射した後に痛みを感じることはありません。あくまで注入時だけの痛みとお考えください。
ご希望に応じて当院では吸入麻酔等も併用して頂くことが可能です。お気軽にご相談ください。

ヒアルロン酸注射の効果はどれくらい続くのですか。また、継続的にヒアルロン酸注射を受けるのならどれくらいの周期で受ければ良いのでしょうか?

ヒアルロン酸注射の効果についてですが、概ね1年から1.5年程度とお考えください。注射したヒアルロン酸は2年程度で吸収されるのですが、ヒアルロン酸というのは、ある日突然にして吸収されるのではなく、注入直後から少しずつ分解・吸収されていきますので、実際に完全に吸収されるのと効果には差を生じてしまいます。
継続的なヒアルロン酸注射については期間で考えるのではなく、ご自身が効果が薄れてきたなと感じ始めたら注入するということが望ましいでしょう。

使用しているヒアルロン酸製剤の種類を教えて下さい。できればその製品を利用している理由とメリットも知りたいです。

基本的に使っているヒアルロン酸製剤はアラガン社のジュビダーム・シリーズです。ただし、水光注射として皮膚の浅い部分に入れるヒアルロン酸についてはレスチレン・シリーズを利用しています。アラガン社のジュビダーム・シリーズは皆さんご存知の通り、厚生労働省で認可された製品で安全性に優れています。選択した理由は安全性が高いということ。同じブランドでも数種類の製品があり、用途や場所、皮膚の状態によって使い分けができるため採用しています。
ただし、水光注射で利用するヒアルロン酸製剤についてはジュビダーム・シリーズの利用はできないためQ―Med社のレスチレン・シリーズを利用しています。レスチレンシリーズは日本ではガルデルマ社がレスチレン・シリーズとして承認されているものでこちらも安全性に優れていることから採用しています。

ヒアルロン酸注射で使用する針について教えて下さい。

ヒアルロン酸注射で使用している針には幾つかの種類があり、肌の状態、注入場所、その層などに応じて使い分けています。30Gの注射針、ナノニードル、マジックニードルなどを使い分けています。勘違いして欲しくないのは特定の注射針が優れている訳ではないということ。
それぞれの注射針には特徴があり、状況や状態に応じて使い分けるということがヒアルロン酸注射において必要なことであり、大切であるとお考え下さい。

Q:数カ月前に他の病院でヒアルロン酸注射しましたが、そちらでも注射できますか。

数ヶ月前ですと効果はまだ残っている状態です。追加注入ですと、前に受けられた医療機関でのヒアルロン酸製剤を確認していただき、その種類によっては当院でも継続的なヒアルロン酸注射を受けて頂くことは可能です。
ただし、種類によってはお断りさせて頂く場合もございます。

Q:注射した後は腫れますか、メイクはできますか。

腫れというのはほとんど起こしません。注入後からメイクをして頂けます。

Q:昼休みに行きたいのですが、すぐにヒアルロン酸注射できますか?

初めてのヒアルロン酸注入ですとカウンセリングが必要ですし、注入前に麻酔クリームもしくは麻酔シールを貼って表面麻酔を行いますので昼休みのお時間では難しいと思います。2回目以降であれば、麻酔クリームを使用しないもしくは、事前にお渡ししてご来院いただければお昼休みでもヒアルロン酸注射は可能です。

Q:ヒアルロン酸注射は注入したあと何かトラブルが出ることがありますか。

ヒアルロン酸注射の治療後に起こる問題ですが、基本的には特に引き起こすようなことはないと考えて頂いて構いません。基本的には局所的に注射をするだけですので内出血等は起こり得ますが、トラブルという問題はご心配要りません。
ただし、血流障害を引き起こした場合は非常に厄介です。万一、血流障害を引き起こした場合、早急な対応が必要となります。
その対処法や対策についてはカウンセリングの際に症状等詳しくご説明させて頂いておりますし、当院ではヒアルロン酸注入後のオンコール体制も整っていますので安心してヒアルロン酸注射を受けて頂くことができます。

ヒアルロン酸注射の料金

ジュビダーム・ヴォルベラ 1ml
80,000円
ジュビダーム・ウルトラXC 1ml
60,000円
ジュビダーム・ボリフト 1ml
80,000円
ジュビダーム・ボリューマXC 1ml
80,000円

※ 別途消費税
※ 標準麻酔を含む

プチ整形

  1. ボトックス

    眉間のシワ、目尻のシワが年々深く刻まれる。顔の表情筋によって作られるシワはボトックスで解消させることができます。しかし、ボトックス…

  2. エラボトックス

  3. 水光注射

  4. ヒアルロン酸注射

    ほうれい線を解消したい、シワを消したい、若くなりたい、キレイになりたいという思いは強いけど手術には抵抗がある。そんな方にお勧…

  5. コラーゲン注射