アンチエイジング二重まぶた

まぶたのたるみを解消する方法

まぶたのたるみを解消する方法

まぶたのたるみ

加齢が原因で弛んでしまったまぶたのたるみを解消する方法。その種類と注意点について。

年々たるみが進んでいる上瞼。加齢だから仕方がないと諦めたくはない。今からでも解消できる方法。やはり頼るのは確実な効果が認められる美容外科での積極的な治療です。

しかしその方法にはいくつかの手法があります。まぶたのたるみをどこから切除するのか、たるみの解消だけで本当に良いのか、筋肉まで調整してまぶたを若返らせる必要はあるのかなど、今のあなたのまぶたの状態と希望する仕上がりで治療法を選択しなければいけません。

ここでは私たちが得意とするまぶたのたるみを取る方法をご紹介します。

まぶたのたるみ取りの基本的な治療法

まぶたのたるみを取る方法には、「上眼瞼切開」、「眉毛下切開」、「眼瞼下垂」の3つの術式・治療法があります。それぞれに特徴があり、仕上がりは全く違いますのであなたのたるみの状態、お望みの仕上がりに応じて適切な治療法を提案いたします。

瞼切開(全切開法)

上眼瞼切開とはまぶたの弛んでいる皮膚を直接切開・切除してたるみを一気に解消させて目元を若返らせる治療法です。
弛んでしまった皮膚そのものを直接切除するのと同時に、お望みの二重まぶたの幅、ラインを新たに設定できるのでたるみと同時に自然で美しい二重まぶたを手にすることができます。
術後の腫れなど数日のダウンタイムはありますが、たるみをリセットできるので非常に満足度の高いまぶたのたるみ取り治療です。

上眼瞼切開の特徴
  • たるみを速やかに解消できる
  • 二重まぶたの幅を自由に作ることができる
  • ライン消失の可能性が極めて少ない

上眼瞼切開

下切開

眉の直下からアプローチし、眉、まぶたの上側から弛んでいる皮膚を切除して引き上げて目元を若返らせる治療法。
二重まぶたの治療ではありませんので、もともと二重まぶたの人は昔のたるみのなかった目元に、一重瞼の人は一重瞼のままたるみだけを解消させることができます。
そのほか、眉毛下切開と上眼瞼切開との違いは、目尻側のたるみをより広範囲に解消できるのが大きな特徴です。
眉の直下を切開するので傷跡は目立ちやすいと思われる方が多いのですが、私たちの手法では傷は目立たせず仕上げることができます。

眉毛下切開の特徴
  • たるみを速やかに解消できる
  • 一重は一重瞼のままたるみだけ
  • 印象を変えることなくたるみだけが解消
  • 術後の回復が非常に早い
  • 傷跡がほとんど目立たない

眉毛下切開

下垂

まぶたの弛んでいる皮膚を切開切除するだけではなく、筋肉の動きまでも調整することで目を大きく広げることができるようします。
上眼瞼切開との大きな違いは「筋肉の操作」です。皮膚の切除だけでもまぶたのたるみを解消させることはできますが、目を大きくみせたい、パッチリとした目元に仕上げたいなどの希望がある場合は眼瞼下垂の手術が適しています。

眼瞼下垂の特徴
  • たるみを速やかに解消できる
  • 二重まぶたの幅を自由に作ることができる
  • ライン消失の可能性が極めて少ない
  • 黒目の露出を増やすことができる
  • 目力のある印象に変わることができる

眼瞼下垂

たるみを解消する上での注意点

まぶたのたるみ取りで注意していただきたいのは、たるみを取ると言うのは、たるみのない状態に戻すことです。どうせたるみ取りの手術を受けるなら少し引き上げておきたいと言う方もいらっしゃいますが、そう言った場合、やはり不自然な仕上がりになってしまうのでお勧めはしません。
あくまで昔の瞼の状態に戻すことを仕上がりと考えることが大切であると言うことを忘れないで下さい。

まとめ

まぶたのたるみと言うのは、単純そうに思えるかもしれませんが、実は単純ではありません。
まぶた全体の皮膚が弛んでいるのか、目尻側(外側)にたるみが強いのか、今の目元の印象に変化を加えずに治療したいのか、二重まぶたにしたいのかなど今のあなたの目元の状態やなりたい仕上がりによって治療法は違いますし、場合によっては上眼瞼切開と眉毛下切開を組み合わせる治療法が必要な場合もあります。

さらに言うなら目尻全体からこめかみにかけてのたるみが強い場合は「こめかみリフト」を追加した方がより高い効果を得られることもあるのです。私たちは一人ひとりの状態やご要望に応じた治療法を提案することができます。

関連する美容情報