二の腕の脂肪吸引

上半身痩せを表現する

二の腕の脂肪吸引

二の腕の脂肪吸引は、余分な皮下脂肪を吸い取って二の腕をサイズダウンさせることで、ほっそりとした、上半身が痩せている印象を与えることができるボディラインの美容外科手術です。二の腕のたるみを引き上げること、わきを引き締めたときの背中〜脇周辺のお肉をスッキリとさせることも可能な二の腕の脂肪吸引を是非ご体験下さい。
二の腕の脂肪吸引の効果は、二の腕など局所的な部分痩せ効果だけではなく、見た目の上半身の痩せ効果にもつながりますので治療後は非常に高い満足度を実感していただけます。私たちの「二の腕の脂肪吸引」は術後の痛み・苦痛の緩和、術後のダウンタイムの軽減に努めた取り組みを徹底しています。お気軽にご相談下さい。

二の腕の脂肪吸引の効果

二の腕を細くする  二の腕のたるみの改善  上半身の痩せ  背中の痩せ など

私たちの二の腕の脂肪吸引

慶友形成クリニックで行っている「二の腕の脂肪吸引」は二の腕を細くするだけではなく、背中を含めた上半身のスリムなイメージを高める効果を目指しています。細くするのは当然の結果ですが、術後の苦痛を引き越さないような工夫にこだわっています。また、エンダモロジーやインディバなどセルライト除去を含めた総合的なケアであなたの悩みを解消するだけでなく、より高い美しさを実感して頂けるようにしています。

  1. 確実な部分痩せ効果と、治療結果の満足をお約束します。
    二の腕の脂肪吸引は治療結果に対し非常にシビアな見方をするかたが多いのですが、慶友形成クリニックの二の腕の脂肪吸引は二の腕の部分的な吸引だけではなく、肩甲部、腋窩部など含め総合的な皮下脂肪を吸引しますので、治療効果・結果には満足していただけます。
  2. 多方向によるアプローチで凹凸のリスクを防いでいます。
    脂肪吸引というのはCriss-Cross法といって、吸引口を複数に分散し、放射状に吸引する方向性を多方に重ね、吸引する脂肪の効率化と、凹凸を防ぐ脂肪吸引を実践しています。
  3. 豊富な吸引カニューレによって操作性を高めています。
    脂肪吸引で使用する吸引管というのはメーカーが数カ所しかありません。基本的にはどこの美容外科でも入手することはできるでしょう。しかし、私たちはこれまでの実績から吸引管を独自に制作してもらい、その数種類の吸引管を使うことで皮下脂肪に対する操作性を高め、失敗のない二の腕の脂肪吸引を実践しています。
  4. 痛みを最小限に抑えます
    二の腕の脂肪吸引というのは、皮下脂肪と筋膜・筋肉との距離が短く、一時的にダメージを与える可能性が少なくありません。そのため術後の痛み(筋肉痛様)を発生する可能性があります。そのため、チューメセント液への工夫、急移管への工夫をこらし、術後の痛みを極力抑えた脂肪吸引を実践しています。私たちの二の腕の脂肪吸引は痛みを感じない、感じさせないことを目標としています。
  5. 出来る限り腫れを抑え、ダウンタイムの短い顔の脂肪吸引を実践しています。
    二の腕の脂肪吸引の腫れは比較的早期に解消するのが一般的です。しかし、私たちはそれだけに留まらず、テーピングやドレッシング・固定に工夫を凝らして出来る限り腫れない・腫れさせない脂肪吸引を実践しています。

二の腕の脂肪吸引 実際の方法

[ 二の腕の部分的な痩せだけではなく、脇肉も解消させる二の腕の脂肪吸引 ]

私たちのおこなっている二の腕の脂肪吸引は上腕背側部だけではなく、肩甲部〜腋窩部周辺まで広範囲に及ぶ脂肪吸引であなたの上半身の悩みを解消しています。また、二の腕の脂肪吸引は弛みを非常に引き起こしやすいのですが、吸引層の工夫によって弛ませない、二の腕の脂肪吸引を実践しています。「二の腕の太さ」、「二の腕を細く見せたい」方はお気軽にご相談下さい。

(二の腕の脂肪層の特徴)

二の腕の脂肪吸引をおこなう範囲の皮膚は厚い方は少なく、むしろ薄い方が多いため浅層の皮下脂肪の吸引には難易度が高い。また、脂肪吸引の際に腕の筋膜・筋肉との接触が極めて高いため、術後の痛みに対するダメージを抑えるためにより慎重な吸引処置が必要となります。

(局所麻酔・チューメセント液の注入)

肩、腋窩部、肘の部分などの吸引口に局所麻酔の注射をおこないます。局所麻酔が効いたら二の腕全体、肩甲部、腋窩部にチューメセント液を浸透させていきます。私たちが使うチューメセント液は、局所麻酔薬、止血剤、腫れを予防・防止するための薬剤、Ph調整薬を効果的な配合比率に混ぜ合わせています。

(脂肪組織を細かくほぐします)

吸引口から専用のバーを使って脂肪組織を細かく分離していきます。十分に麻酔は効いていますので痛みを感じることはありません。二の腕の場合、吸引範囲が広いのですが時間をかけて丁寧に処理していきます。

(二の腕の脂肪を吸引します)

二の腕の脂肪吸引は中層の皮下脂肪を吸引して後に浅層部の脂肪を吸引します。特に上腕背側部において浅層部を吸引するのに絶対に必要なことはとにかく均一に吸引することです。ほんの少しでも不均一な吸引層ができると皮膚表面との段差が強調されてしまいます。慶友形成クリニックの二の腕の脂肪吸引は極細の吸引カニューレの使用、吸引口の増加によってより効果の高い脂肪吸引を実践しています。

(さらに丁寧に仕上げていきます)

左右のバランスだけではなく、腕を引き締めた状態での仕上がりなど総合的に部分痩せがしっかりと出来ているかまで確認します。必要に応じてシリンジ法による脂肪吸引も併用しより細かくラインを整えます。脂肪吸引が完璧に終了したら、チューメセント液、少量の血液を吸引口から廃液し、傷を縫合します。

(術後の圧迫と固定)

二の腕の脂肪吸引の固定ですが、まず吸引部を中心にテーピングをおこないます。そうしてその上にドレッシング用のクッション、腫れを抑えるための専用の包帯をしっかりと巻き付けます。
こういった圧迫固定を3日間はしっかりとおこないます。もし痒みや苦痛がなければ延長を推奨する場合もございます。

二の腕の脂肪吸引の術後の腫れ・注意事項

[ 二の腕の脂肪吸引の術後の過ごし方や注意点についてご紹介します ]

二の腕の脂肪吸引の術後の腫れですが、他の脂肪吸引と比べ腫れは早期に解消する傾向にあります。そのため長期となるダウンタイムを生じることはほとんどありません。また。私たちはドレッシングや圧迫の工夫によってよりダウンタイムの短い脂肪吸引を実践していますのでどうぞご安心下さい。
一般的に大きな腫れは2、3日続き、7日後の抜糸の際には7、8割の腫れは引いています。内出血も抜糸の際にはほとんど引いている状態とお考え下さい。

二の腕の脂肪吸引の通院については、
   手術 → 3日後 → 7日後 → 一ヶ月 → 3ヶ月後
        固定除去  抜糸   経過観察  最終チェック

[腕の挙上・運動について]

二の腕の脂肪吸引の術後3日間は固定していますので、大きな動きをすることはできません。圧迫を除去して頂いた後は特に制限無く可動許可が出ます。

[清潔ケア]

シャワーは二の腕部分を濡らさなければ当日から可能です。二の腕を含めた全身のシャワーの許可は圧迫を除去した3日以降で可能になります。抜糸は1週間後の抜糸以降を推奨しています。入浴についても同様です。ただし、腫れの程度で変動することはございます。

[アイシングの方法]

二の腕の脂肪吸引の直後から2日間は二の腕部分を冷やして頂くことを推奨しています。冷やし方については術後にお渡しする注意事項、冷やし方の冊子をご参照下さい。

二の腕の脂肪吸引の概略

治療時間 60分程度
麻酔方法 局所麻酔で可能
傷跡 肘の部分に1箇所、背中に近い部分など広範囲の二の腕の脂肪吸引の場合、背中に各1箇所。
腫れ・痛み 比較的軽度 痛みについては内服等でコントロールできます。
腫れは強い腫れが2、3日程度、その後少しずつ引いてきます。
入院 不要
通院 基本的な通院は以下の通りです。
術後3日(任意) ドレッシング・圧迫の除去
術後7日 抜糸
術後1ヶ月 経過観察
術後3ヶ月 最終チェック・確認
入浴・シャワー 創部を濡らさなければシャワーは当日から可能。入浴は抜糸の翌日を推奨。
洗髪 特に制限なし
メイク 特に制限なし
その他 二の腕の脂肪吸引後は以下の内容にご注意下さい。
・痛みがある場合は遠慮なくお知らせください。内服やテープで止めます。
・吸引したお腹周りに一時的な硬さを生じますが、軽いマッサージで軽減。
・エステ等は治療後3ヶ月以降。
・処方薬は指示通りに服用下さい。

二の腕の脂肪吸引費用と保証について

[ 二の腕の脂肪吸引にかかる実際の手術費用のご案内です ]

二の腕の脂肪吸引の実際の費用
手術費用      - 350,000円
初診料       - 3,000円
血液検査費用    - 6,000円
合計         359,000円(税込)
※別途消費税。
※治療費用には術後の保証などすべて含んでいます。
※二の腕の脂肪吸引の料金には標準麻酔(局所麻酔)の費用を含んでいます。

二の腕の脂肪吸引の仕上がり保証について

二の腕の脂肪吸引にも当然ですが、きちんと保証制度があります。もちろん、1回の手術で終わらせることが当然なのですが、万一、吸引不足など気になる点がございましたら責任を持って対応しています。その際、再手術にかかる費用は一切追加することもありませんのでご安心下さい。
ただし、仕上がりについては3ヶ月もしくは半年後の最終チェック時に確認させていただきます。

(術後の検診について)

脂肪吸引後、抜糸後に一度もご来院されない方も極わずかですが、お見えになります。術後の経過というのは自己判断しないで下さい。傷や仕上がりのラインについて細かくてもかまいません。気になる点はお申し出下さい。私たちは責任ある治療をおこなう以上、患者さんにもきちんとご来院頂くことが、良い結果を出すことにもつながると考えます。

二の腕の脂肪吸引のリスクと問題点

二の腕の脂肪吸引のリスクというのは、治療効果に満足できないケース、表面がボコボコになってしまったなどのトラブルが多く、修正困難例が比較的多いのが特徴です。二の腕の脂肪吸引で気をつけなくてはいけないのは治療適応の判断は当然ですが、より高い効果を実感していただける吸引範囲、吸引層のデザインへの工夫と考えています。

■ 効果を実感できない、満足のいく仕上がりではない

二の腕の脂肪吸引は比較的難易度の高い脂肪吸引です。なぜなら二の腕には全周的に皮下脂肪がついてる訳ではありませんし、除去できる皮下脂肪というのは主に上腕内側を中心で本来の治療適応はつまんで3センチ以上の厚みのあるケースに大きな効果が期待できるとされています。慶友形成クリニックでの二の腕の脂肪吸引は上腕の部分的な吸引だけではなく、肩甲部、腋窩部の一部も吸引することで治療結果の満足度を高めています。

■二の腕のたるみ

二の腕が計測状、細くなったとしても実際の目視下では弛みが強く出てしまったという例は少なくありません。二の腕の弛みというのは加齢による筋肉そのものの弛緩によるものが多く、脂肪吸引によって皮膚のたるみが助長してしまうことも少なくありません。慶友形成クリニックの二の腕の脂肪吸引は皮下脂肪の吸引層を多層化することで、局所的な吸引を減らし、皮膚のたるみを引き越さない「二の腕の脂肪吸引」を実践しています。

■ 腕の筋膜、筋肉の損傷

二の腕の脂肪吸引は皮下脂肪が薄いため、吸引時にカニューレが筋膜や筋肉と接触することで一時的なダメージや炎症を与えてしまう可能性は十分にあり得ます。未熟な医師による脂肪吸引にように筋肉を吸引してしまえば別ですが、基本的には数日で筋肉痛のような痛みは解消していきます。