左右差の修正・整容について

埋没法 神戸

左右差

二重まぶたの左右差について

もともと人は左右で均等という方は少なく、若干の左右差というのは持ち合わせているものです。ですが、美容外科ではその左右差を均等にそろえることができます。二重まぶたの左右差をそろえる方法については今の状態だけでなく、これまでの対処法や美容整形の有無によっても違ってきます。ここでは二重まぶたの左右差の対処法についてご案内します。

二重まぶたの左右差をそろえる方法

二重まぶたの左右差をそろえる方法ですが、原因に応じた対応が必要です。二重まぶたの皮膚の折り返し位置や皮膚の量によって左右差が生じているのか、それともまぶたの開き具合、筋肉が関係している左右差なのかということです。皮膚が原因による左右差であれば、皮膚に対して治療すれば良いだけですので、埋没法切開法(上眼瞼切開)で治療しますし、まぶたの開き具合、筋肉が関係している左右差であれば眼瞼下垂による治療が適応となります。

埋没法で左右差をそろえる

埋没法とは皮膚を大きく切開することなく、糸でまぶたの皮膚と瞼板との間を結ぶことで癒着を作り「二重瞼」を作る方法。糸で止めるだけですので大な腫れなどのダウンタイムを作らないため気軽に受けることができるのが大きな特徴です。

埋没法

上眼瞼切開で左右差をそろえる

上眼瞼切開による二重まぶたの左右差を整える方法は、新たに作成する二重まぶたのライン上の皮膚を切開(皮膚にたるみがある場合は切除も含む)し、左右均等な幅で癒着させ、新しい二重まぶたの位置を設定し左右差を整えます。

切開法

皮膚を切開した経験が無いや、皮膚のたるみの程度が左右で大きく違う場合を除いては、基本的に埋没法で二重まぶたの左右差を治療します。他院修正などで部分切開で左右差を生じている場合については、仕上がりの希望等をお伺いし、傷の程度、切開部の凹みの状態に応じて両側の上眼瞼切開を提案する場合がございます。

眼瞼下垂で左右差をそろえる

眼瞼下垂の治療とは、まぶたを持ち上げる筋肉を調整したり、挙筋腱膜と瞼板との癒着が緩んでいるので再固定することでまぶたをしっかりと持ち上げるようにして左右差を整えます。ただし、筋肉を操作する治療の場合、代償作用を起こし、手術していない反対側のまぶたが下がってしまう場合があるので必要に応じ両側の治療をご提案する場合がございます。

眼瞼下垂

関連情報