ふくらはぎの脂肪吸引

ほっそりとした脚にかわる

  1. TOP
  2. ふくらはぎの脂肪吸引
ふくらはぎの脂肪吸引

ふくらはぎ脂肪吸引

二重アゴは顎下のお肉(皮下脂肪)が蓄積してフェイスラインを崩してしまう厄介なトラブル。特に横から見たときの印象は大きく変わってしまっています。しかし、そんな厄介な二重アゴも「顎の脂肪吸引」で簡単に解消させることができます。
顎下に着いてしまった皮下脂肪を軽く摘んでみて下さい。摘める程度の皮下脂肪があるのなら脂肪吸引は非常に高い効果を実感することができます。
二重アゴを解消する「顎の脂肪吸引」であなたの美しさを取り戻してみませんか。ここではそんなあなたの救世主「顎の脂肪吸引」を詳しくご紹介します。

顎の脂肪吸引とは

耳の直下、耳たぶの付け根の部分に1、2ミリの切開を加え、そこから脂肪吸引管を使って顎下の皮下脂肪を吸い取ります。皮下脂肪だけを吸引するので大きな腫れや強い痛みを感じることはありません。
また、皮下脂肪を確実に除去しますので再発の心配もなく効果だけを実感できるのが「顎の脂肪吸引」の特徴です。一時的な腫れなどはありますが、概ね1週間程度で結果を出せるので非常に人気の高いエイジングケアの一つです。

こんな方にお勧め

顎の脂肪吸引で得られる効果は、皮下脂肪がなくなることによる引き締めと顎のラインのシャープ化、サイズダウンによる小顔効果です。もちろん、二重アゴが解消することによって見た目の若さと美しさがより表現されることは間違いありません。

  • 二重アゴを解消したい方
  • 顔痩せしたい方
  • フェイスラインをスッキリしたい方
  • ムクみやすい顔を解消させたい方
  • 顎の脂肪吸引の効果
  • 二重アゴの改善
  • 見た目の若返り
  • リフトアップ
  • 小顔効果
  • たるみの改善 など

私たちの顎の脂肪吸引

顎の脂肪吸引といってもクリニックによって術式や術後のドレッシング、傷の場所などに微妙な違いがあります。しかし、そのわずかな差が仕上がりの自然さや術後の経過に大きな違いを生じると考えています。

顎の脂肪吸引へのこだわり

非常に細い専用のカニューレを使って、細かく丁寧に皮下脂肪を吸い取ります。またたるみを防ぐよう皮下脂肪の層を変えてレイヤーごとに細かな脂肪を除去するようにしています。顎の直下は皮膚も薄いためわずかな操作ミスが表面の凹凸を作りかねません。私たちは指先で吸引圧をコントールするようシリンジ法で細かく丁寧に二重アゴの原因となっている皮下脂肪だけを吸い取って美しく仕上げています。

痛みを持続させません
傷跡を目立たせません
大きな腫れを生じさせません
確実な効果を実感させます
追加費用の加算はいたしません
手術への不安を緩和させます

アゴの脂肪吸引 9つの工程とこだわり

慶友形成クリニック神戸のアゴの脂肪吸引の治療ですが、9つの工程で実施いたします。また、それぞれの工程には私たちのこだわりがあり、それが仕上がりの自然さや腫れの少なさ、ダウンタイムの短さに大きな影響を与えていると考えています。

Process – 1術前の打ち合わせ(デザイン)
いきなり手術室に入室するわけではありません。アゴの脂肪吸引の前に再度ご希望の仕上がりなどを細かく打ち合わせをし、鏡を見ながら全体の輪郭のデザインを描きます。このデザインが最終的な仕上がりのイメージとなるのでしっかりと丁寧に行います。

Process – 2手術室入室
事前に別室で専用の術衣に更衣していただき、手術室に入室していただきます。まず始めに行うことはお顔全体の消毒です。そうしてアゴの脂肪吸引の術野を完全に清潔な状態に整えて治療を開始します。
アゴの脂肪吸引で最初に行うのは、再び細かなデザインを描くことです。アプローチする部分、吸引する部分に細かな印を付けていきます。

Process – 3麻酔・チューメセント液の散布
いよいよ麻酔薬の注射です。耳の付けの部分から吸引する範囲全体に局所麻酔のお薬を浸透させます。同時に麻酔薬や止血剤、腫れを抑えるためのお薬を調合したチューメセント液を吸引部分全体に浸透させていきます。

Process – 4十分な浸透まで待つ
麻酔薬注入後は直ちに効果が現れますが、脂肪の分離・分散を効果的にするためにも少し、マッサージをしながら、お薬の浸透と効果を高めるために少し待ちます。

Process – 5皮下脂肪の分離・分散
チューメセント液を浸透させたらすぐに皮下脂肪の吸引はいたしません。凹凸を防ぐ目的と効果的に皮下脂肪を吸い取るために皮下脂肪の分離・分散を丁寧に行います。

Process – 6アゴの脂肪吸引
いよいよアゴの皮下脂肪を吸引していきます。専用の吸引管を用い、ゆっくり丁寧に頬の皮下脂肪を吸い取ります。彫刻のイメージで皮下脂肪を吸い取り、二重アゴを解消し、美しいフェイスラインに整えて仕上げます。

Process – 7ドレナージ
皮下脂肪の吸引が終了したら、チューメセント液や少量の血液を外に廃液(ドレナージ)して腫れや内出血の予防に努めます。肌に負担をかけないよう丁寧に行います。

Process – 8縫合
全ての行程が終了し、仕上がりに問題ないと判断したら1針だけ縫合します。状態にもよりますが、表面を縫合しない場合もございます。傷跡はそれぐらい目立たないものなのです。

Process – 9ドレッシング
アゴ全体を圧迫するようにしてドレッシングを行います。アゴの脂肪吸引で大切なのはこのドレッシングも大きなポイントです。腫れや内出血を最小限に止めるだけではなく、術後のたるみの予防にも大きく関係しています。

アゴの脂肪吸引概略

治療時間 30、40分程度
麻酔方法 基本的には局所麻酔で可能です。麻酔の痛みが不安な方は静脈麻酔や吸入麻酔等をお選びいただけます。
傷跡 耳朶の直下からアプローチするため表面上には残りません。
腫れ・痛み アゴの脂肪吸引における痛みというのは吸引後の痛みではなく、治療時の麻酔の痛みが一番強いです。術後の痛みについては心配不要です。
腫れについては1週間ほどみていただければかまいません。
入院 不要
通院 基本的な通院は以下の通りです。
術後3日(任意) ドレッシング・圧迫の除去
術後7日 抜糸
術後1ヶ月 経過観察
術後3ヶ月 最終チェック・確認
入浴・シャワー 創部を濡らさなければシャワーは当日から可能。入浴は抜糸の翌日を推奨。
洗髪 創部を濡らさなければ当日より可能。
メイク 3日のドレッシング装具を除去後から可能。
その他 アゴの脂肪吸引後は以下の内容にご注意下さい。
・しっかりとした紫外線対策を実施。
・吸引したアゴの部分に一時的な硬さを生じますが、軽いマッサージで軽減。
・エステ等は治療後3ヶ月以降。
・処方薬は指示通りに服用下さい。

アゴの脂肪吸引を受けるにあたって

ご予約から完成まで〜 顎の脂肪吸引 〜

アゴの脂肪吸引を受けて頂く際のお申し込みから完成までの流れをご紹介します。

Flow 01ご予約

当院は完全予約制です。診察には事前のご予約をお願い致します。予約をスムーズにするためにクリニック間のオンラインカウンセリングも実施しております。
診察予約はこちら

Flow 02診察・カウンセリング

現在のお顔の状態、皮下脂肪、二重アゴ等の状態を細かく診察し、具体的な治療方法や治療のリスクや問題点、術後の過ごし方などを専門医が詳しくわかりやすくアドバイス致します。
診察時間:40,50分程度

Flow 03各種検査

アゴの脂肪吸引を受けて頂くには血液検査が必要です。カウンセリング当日に受けて頂くこともできますし、改めてご来院いただき検査を受けて頂くことも可能です。
検査結果4、5日程度

Flow 04アゴの脂肪吸引

アゴの脂肪吸引を実施します。詳しい内容については(こちら)をご参考ください。顎の脂肪吸引自体は30、40分程度で終了しますが、術後に少しお休みいただきますので、ご来院からご帰宅までは2時間程度とお考え下さい。

Flow 05術後経過観察

術後の経過ですが、3日以降でドレッシング・固定しているものを外していただきます。外し方は簡単ですのでご自身で対応できますし、不安であればご来院していただければこちらで対応致します。縫合した場合の抜糸は1週間後です。

【術後基本通院】
3日後固定除去(任意)
7日後抜糸
1ヶ月経過観察
3ヶ月経過観察(最終チェック)

Flow 06最終チェック

アゴの脂肪吸引を受けられて3ヶ月以降で最終確認をさせていただきます。二重アゴの改善、傷の状態等を確認し問題がなければ一旦終了します。
当院で受けられた顎の脂肪吸引については何かございましたら、無期限でいつでも診察しますのでご安心下さい。

アゴの脂肪吸引の術後の経過

アゴの脂肪吸引の術後の経過についてご紹介します。
翌日が一番強い腫れを生じますが、ドレッシング・圧迫をしている状態ですのでそのままお過ごし頂きます。顎は局所的ですので大きな腫れを生じることはありません。3日以降にドレッシングで使用している医療材料を外していただき、その後はフェイスバンテージを装着していただきます。

フェイスバンテージの装着は適宜行っていただき、外出等の際は外していただいてかまいませんが、就寝中は装着することが望ましいです。

アゴの脂肪吸引後、7日で縫合糸を抜糸致します。抜糸の際に痛みを感じることはありません。まだ、若干の腫れは残っていることがありますが、不自然なほど腫れている訳ではありませんのでご安心下さい。
抜糸後は特に制限なく普段通りの生活を送って頂いて問題ありません。

アゴの脂肪吸引を受けて頂いて1ヶ月以降で状態を見させていただき、3ヶ月以降で最終のチェックをさせていただきます。

[食事等について]
特に食事等に制限のあるものはございません。
[メイクについて]
ファンデーション、メイクなどは圧迫を除去してから可能です。
[洗顔・洗髪について]
洗顔についてもメイクと同様、圧迫除去から洗顔していただけます。洗髪については術後の圧迫を濡らさなければ当日から可能です。
[アイシングの方法]
脂肪吸引後のアイシングですが、圧迫の上からおこなって頂きます。
冷やし方については術後にお渡しする注意事項をご参照下さい。

顎の脂肪吸引の費用と保証について

顎の脂肪吸引の費用

慶友形成クリニック神戸の顎の脂肪吸引の費用をご紹介します。
当院の脂肪吸引は、吸引量や個人差等関係なく全て一律での費用です。オプション等などもなく、ホームページ等で紹介している料金がアゴの脂肪吸引の料金ですのでご安心下さい。

ふくらはぎの脂肪吸引における実際の手術費用
初診料
3,000円
血液検査
10,000円
ふくらはぎの脂肪吸引費用
400,000円
全身麻酔
120,000円
合計
536,000円

※別途消費税が発生します。
※治療費用には術後の保証などすべて含んでいます。

治療費用には術後の保証などすべて含んでいます。あくまで最大の費用です。静脈麻酔に変更したり、術後サポートケアの内容の変更によっては提示の価格よりも安価になります。ほとんど美容外科では治療費用を安くみせるために最低限の料金案内をしていますが、当院の料金設定は最大でかかる費用です。これ以上に提示することはないのでご安心下さい。

ふくらはぎの脂肪吸引の保証について

ふくらはぎの脂肪吸引ですが専門医が診察し、カウンセリングで相談した内容についてはきちんと保証致します。万一、吸引不足などの問題があったとしても、再度気になる部分、お約束した部分の脂肪吸引には対応いたしますのでご安心下さい。私たちは結果に結びつかない治療は実施しません。あくまで効果があると判断したものに対し、医療的に治療適応があると診断した場合に治療プランを提案します。
そのため、いくらご要望があったとしても、効果を導きだせない、結果を残せない治療については提案することはありません。適応判断をきちんとしていますので、治療効果の望めない方にはふくらはぎの脂肪吸引は勧めませんのでご安心下さい。
ただし、治療結果を得て頂くまでには常識的な期間、ふくらはぎの脂肪吸引の場合、3ヶ月から長い方の場合、半年程度のお時間を頂くことはご了承下さい。

( 術後の検診について)

抜糸後に一度もご来院されない方も極わずかですがいらっしゃいます。術後の経過というのは自己判断しないで下さい。傷や仕上がりのラインについて細かくてもかまいません。気になる点はお申し出下さい。私たちは責任ある治療をおこなう以上、患者さんにもきちんと来院頂くことが、良い結果を出すことにもつながると考えます。

ふくらはぎの脂肪吸引におけるリスク

ふくらはぎの脂肪吸引は脂肪吸引の中でもっとも難易度の高い手術です。なぜなら皮膚が薄く、皮下脂肪そのものも決して厚くは無いからです。そのため脂肪吸引の結果に満足できるか否かは医者の技術ひとつで大きく違ってきます。また、難しいということだけではなく、治療適応の判断が非常に大切です。患者さんは細くしたいという要望があっても皮下脂肪ではなく、筋肉や皮膚そのものによる場合はふくらはぎの脂肪吸引をおこなっても決して満足のできる結果にはできません。
ふくらはぎの脂肪吸引で大切なこと。それは脂肪吸引の技術は当然ですが、しっかりとしたカウンセリングです。適当な会話程度のカウンセリングでは必ず失敗します。専門医がふくらはぎの皮下脂肪を見て触診し、Pinch testを慎重におこない治療適応を判断しなくてはいけません。

■効果を実感できない

ふくらはぎの脂肪吸引のトラブルで多いのが、効果の実感度の低さです。これはもともとふくらはぎの脂肪吸引に適していない人に対して脂肪吸引を行ってしまったケースがほとんどです。もしくは本当に雑な脂肪吸引による吸引不足です。吸引不足であれば再吸引によって修正することができます。

■皮膚表面の凹凸

吸引してはいけない浅い層を吸引してしまった場合などに起こりえます。また、過度の吸引によって力を入れたときに不自然な凹凸ができてしまうことがあります。こういった場合には脂肪注入以外に有効な手段はありません。

■血腫

血腫というのは吸引量、吸引範囲によって強くなる可能性があります。血腫を形成した場合の回復には早い方で1週間程度、長い方でも3週間程度で回復します。私たちは術中の止血だけでなく、術後のドレッシングに工夫を凝らして血腫の予防に努めています。

腫れ・腫張

ふくらはぎの脂肪吸引は他の脂肪吸引と比べ術後の腫れ・腫脹は長期化しやすいのが特徴です。これを予防するのは術後の圧迫を徹底するしか方法はありません。慶友形成クリニックではインディバによるサポート、理学療法士による徒手治療を実施しています。

複合脂肪吸引のご紹介

頬の脂肪吸引の吸引する範囲は頬と限定しています。例えば、フェイスライン全体までに及ぶ脂肪吸引を希望される場合は、顎の脂肪吸引とのセットでの脂肪吸引をお勧めします。その場合、通常顎の脂肪吸引は20万円ですが、10万円の追加加算で受けて頂くことができます。ただし、後日等追加される場合は、この追加加算での算定はできません。通常の顎の脂肪吸引料金となります。ご注意下さい。

ふくらはぎの脂肪吸引とメソセラピー

ふくらはぎの脂肪吸引の相談に訪れる方には、「先生のところではどうしてメソセラピー(脂肪溶解注射)を勧めないんですか?」と質問されることがあります。もちろん、脂肪吸引が適しておらず、メソセラピーが効果的であると判断すればメソセラピーを提案します。ただし、勘違いしていただきたく無いのは、多くの美容外科や美容皮膚科で実施されているBNSLを使った脂肪溶解注射は行いません。

なぜなら効果を実感できないからです。当院に訪れる方でBNLSを受けられた方の全ては効果を実感していませんし、当院でも当初モニターとして多くの治験的な試験を行いましたが脂肪溶解の効果は無効でした。

ですので当院でのメソセラピーはカクテル法でBNLSではなく、フォスファジルコリンを使用します。

しかし、脂肪吸引に優る部分痩せは存在しません。費用を抑え確実な効果を求めるのであればやはり脂肪吸引が一番ベストであることを知っておいて下さい。