まぶたのたるみを取る方法

二重まぶた

まぶたのたるみを取る方法

二重まぶたの幅が狭くなってきた。目がしっかりと開かず、おでこを使って目を開けるようになってきた。これらの症状はまぶたのたるみが強くなってきた証拠。皮膚のたるみが原因です。
まぶたのたるみは切除以外に方法はありません。ここではまぶたのたるみを取る方法、目元を若返らせる方法についてご案内します。

たのたるむ場所・層

まぶたのたるみというのは、皮膚だけではなく、まぶたを持ち上げる筋肉、目の周りを覆っている”眼輪筋”などが複合しています。まぶたのたるみを取る場合、大切なのはどう言った仕上がりを望むのかということ。それに応じて切開・切除する組織を考える必要があるのです。

まぶたのたるみの原因
  • 皮膚そのものの緩み・たるみ
  • 眼輪筋のたるみ
  • 眼瞼挙筋、ミューラー筋の緩み・たるみ
  • 眼瞼挙筋と瞼板との癒着の緩み など

まぶたのたるみを取る方法として注意しなくてはいけないのは、どこまでの仕上がりを求めるのか?たるみを生じている原因は皮膚だけなのか、それとも筋肉や、組織間の癒着を矯正する必要があるのかなど総合的、複合的に判断しなければまぶたのたるみを取る治療を受けても満足できない可能性があるということを知っておいて下さい。

たのたるみを取る方法

ここではまぶたのたるみを取る方法の代表的な2つの方法をご案内します。

上眼瞼切開

上眼瞼切開というのは二重まぶたのライン上を切開し、上側を中心に弛んでいる皮膚を取り除くことでまぶたのたるみを解消します。この治療法の場合、一重の人は二重まぶたにすることもできますし、新しい二重まぶたとして作り直すこともできるとても汎用性の高い治療法です。

上眼瞼切開の特徴
  • 二重瞼を作ることができる
  • 二重瞼を自由に再設定できる
上眼瞼切開

上眼瞼切開の詳細

眉毛下切開

眉毛下切開は眉の直下からアプローチし、眉とまぶたの間から弛んでしまった皮膚を取り除くことでまぶたのたるみを解消する方法です。この治療法は、単に弛んでいる皮膚だけを除去する手法ですので、一重の方は一重のままで、二重まぶたの人は二重まぶたのままたるみだけを解消することができるので、見た目の印象が変わることなく、自然な若返りができるのが大きな特徴です。

眉毛下切開の特徴
  • 自然なリフトアップ
  • 実は傷跡が目立たない
眉毛下切開

眉毛下切開の詳細

関連情報