鼻孔縁延長

鼻の穴を目立たせなくする

各治療のご紹介 THERAPY
慶友形成クリニックで行っている鼻孔縁延長術のご紹介
正面から見て鼻の穴が見える、大きく見える状態というのは鼻翼が引き上がっていることが原因です。比較的軽度であれば鼻翼軟骨を下側に移植して、鼻孔縁の位置を下げて治療しますし、大きな変化を求める場合は耳介軟骨と皮膚との複合組織を移植して鼻孔縁の位置を下げます。また、鼻尖縮小や鼻中隔延長によって鼻柱の位置が下がった状態を自然に仕上がる場合でも、鼻の整形の複合治療として治療を推奨することもあります。

私たちの鼻孔縁延長術
鼻孔縁延長で大切なのは自然さです。鼻孔縁というのは自然なカーブを描けなければ作り物っぽく見えてしまい、鼻孔縁を延長できたとしても仕上がりには満足できません。それは採取した耳介軟骨の厚みだけでなく、軟骨のカーブの形状をどう生かすかなどでも大きく違ってきます。
私たちは高い効果だけではなく、自然な仕上がりを重要視した鼻孔縁延長を行っています。

  より高い効果で満足のいく仕上がりをお約束します。
鼻の形状というのは単に立体的な構造変化では不自然になりがちです。特に鼻翼については自然なカーブを描けなければ延長できたとしても、仕上がりに満足はできないでしょう。多くは鼻の厚みまでも考慮せず、単に鼻孔縁を延長するだけしかできません。慶友形成クリニックの鼻孔縁延長は鼻の厚みや鼻孔縁の自然なカーブを形成し、誰が見ても自然な仕上がりになるよう治療しています。

  複合治療によって自然な鼻に仕上げます。
鼻中隔延長などで鼻柱の位置を下げると鼻翼位置は不自然になることがあります。その場合は、鼻翼を下げる、延長させることで自然な鼻に形成できます。慶友形成クリニックではこのように複合的な治療を専門的に受けて頂けます。

  傷を表面化させない鼻孔縁延長を行います。
移植する軟骨、皮膚片を鼻の穴側にして、表面上の傷を隠す治療ですので傷の心配はありません。また、術後の固定法、圧迫にも工夫を凝らし、自然な鼻を形成しています。

  最小限の痛みで手術を行います。
鼻孔縁延長術は鼻翼部分に局所麻酔の注射をおこないます。鼻翼部分というのは強い痛みを感じやすいのですが麻酔薬を工夫したり、使用する注射針の太さを極細にしたりするなど痛みに対するさまざまな工夫をおこなっています。

鼻孔縁延長の方法
[ 鼻孔縁長術には2つの術式で治療することができます ]
【鼻翼軟骨移植による鼻孔縁延長】
軟骨を採取する鼻翼部分、鼻孔縁部分に局所麻酔の注射をおこないます。麻酔が十分浸透し効果が現れたのを確認してから手術をおこなっていきます。まず始めに両側の鼻孔縁部分に鼻の穴側から切開をおこないます。鼻翼軟骨直上を丁寧に剥離し、採取する範囲の鼻翼部分を露出させます。
Aの部分の鼻翼軟骨を採取します。採取した軟骨を移植片として使えるよう丁寧に処理します。次に移植片を設置する鼻孔縁部分にポケットを作成します。このポケットの大きさ、層で仕上がりの自然さが違ってきますので、丁寧に細かく処理します。糸を移植する鼻翼軟骨に通し、鼻孔縁部分に正確に固定します。移植片に少しでもずれを生じたり、位置のずれを起こすと不自然になるため慎重におこないます。最後に傷を縫合して鼻孔縁延長の手術を終了します。

【耳介軟骨+複合組織による鼻孔縁延長】
まず始めに耳介軟骨を採取する部分に局所麻酔の注射をおこないます。同時に鼻孔縁部分にも局所麻酔の注射をおこなっておきます。麻酔が十分浸透し効果が現れたのを確認し、耳介軟骨(耳甲介前面から)を採取します。採取するのは両側ではなく、片側から採取しますが、鼻中隔延長など複合治療を併用する場合は、採取するグラフトが少ない場合は両側から採取することもありますが、基本的には片側から採取します。耳介軟骨と皮膚との複合グラフトを採取し終わったら耳の部分は縫合して固定しておきます。

次に延長する鼻孔縁部分の処理をおこないます。鼻孔縁のカーブにそって鼻の内側(鼻の穴側)を切開し、移植片を挿入するポケットを作成します。
移植片(耳介軟骨と皮膚組織の複合組織)を鼻孔縁部分に継ぎ足して鼻孔縁を延長します。左右差、仕上がりの自然さを確認し傷を縫合して鼻孔縁延長を終了します。

鼻孔縁延長の術後の腫れ・注意事項
[ 鼻孔縁延長術の術後の注意点について ]
鼻孔縁延長術後は2日程度、鼻孔パッキンで圧迫固定します。固定をしないフリーの状態という美容外科もありますが、腫れなどによる移植片の
生着の不安定を防ぐために圧迫は必要です。それと術後はできる限り安静にすることを推奨します。
耳介軟骨を採取した耳の部分は軽く圧迫をしていますが、翌日に除去することができます。

[メイクについて]
ファンデーションなどについては手術翌日から可能ですが、鼻にパッキン固定しており、そちらは2日間は外せませんので、メイクはその後が無難です。

[洗顔・洗髪について]
鼻の部分を濡らさなければ問題ありません。

[アイシングの方法]
大きな腫れはありませんし、アイシングなども不要です。ただし、術後2日は鼻の部分にパッキン固定しています。

鼻孔縁延長の費用と保証について
[ 鼻孔縁延長で実際にかかる費用について ]
鼻孔縁延長術
手術費用 432,000円
初診料 3,240円
血液検査費用 6,480円
合計 441,720円 (税込)
※すべて税込費用で表記しています。
※鼻中隔延長など他の鼻の整形手術と組み合わせる場合は鼻孔縁延長の費用は半額となります。

鼻孔縁延長の保証について
鼻孔縁延長は時間の経過で変化することはありません。そのため3ヶ月もしくは半年後に最終チェックで仕上がりの満足度を確認させていただきます。何らかの問題を引き起こした場合、最終チェックを受けた場合でも特に期限なく責任を持って対応させて頂きますのでご安心下さい。

鼻孔縁延長の適応・お勧めの方
・正面からみて鼻の穴が見える方
・鼻中隔延長や鼻尖形成によって鼻柱の位置が下がり、鼻の穴が気になる方
・鼻翼部分が内側に巻き込まれ、鼻の穴が大きく目立つ方

鼻孔縁延長には大きなリスクとなるような問題点は比較的少ないのが特徴です。しかし、以下の問題を引き起こすと非常に厄介なので十分な注意が必要です。慶友形成クリニックでは鼻孔縁延長で起こりうる問題点を出来る限り引き起こさないようさまざまな取組みをおこなっています。お気軽にご相談下さい。

■ 感染
鼻孔縁延長は鼻翼軟骨、耳介軟骨との複合組織を移植する手術です。皮膚片などグラフトを移植する場合、一度感染を引き起こすと非常に厄介です。最悪の場合、移植片が完全に無くなってしまうことも想定されます。いかに感染のリスクをなくすかということがこの鼻孔縁延長では大切です。慶友形成クリニックの手術室は国内で唯一のクリーンルームの規格を取得し、常に国内最高水準の清浄度を維持する美容外科です。徹底した衛生管理には自信があります。

■ 左右差
採取した耳介軟骨などの軟骨・皮膚片の処理が雑で左右の大きさにバラツキがあると左右差を引き越します。私たちはこれまで多くの鼻孔縁延長をおこなってきた経験もありますし、常に自然で丁寧な仕上がりを心がけています。

■ 不自然な仕上がり
移植したグラフトがずれて固定してしまったり、しっかりと圧迫処置がなされていなかった場合に仕上がりが極めて不自然な状態になってしまう可能性があります。慶友形成クリニックは術後のパッキン固定なども充実していますし、なにより縫合固定には定評があります。

鼻孔縁延長で満足出来なかった方
鼻孔縁延長で思っていた仕上がりにならなかった、効果を実感できないなどのトラブルも少なくありません。その多くは移植するグラフトの処理が雑であったり、グラフトを設置するポケットの剥離が適当で固定がきちんと出来ていなかったなどがあります。鼻孔縁延長の修正手術は決して容易な修正手術ではありませんが、あなたに望みを叶える技術が私たちにはあります。まずはお気軽にお問合せ下さい